この秋公開予定のWindows 10 次期バージョンで廃止・非推奨の機能

 

Windows 10の次期バージョン Windows 10 Fall Creators Update は、2017年9月の公開が予定されていますが、新バージョンでは廃止・非推奨となる機能があります。

 

Windows 10 Fall Creators Updateで廃止・非推奨となる機能

マイクロソフトが公開した情報では以下の機能が対象になります。

廃止される機能

  • 3D Builder
  • Enhanced Mitigation Experience Toolkit
  • リーダー
  • リーディング リスト

 

非推奨となる機能

  • Windows PowerShell 2.0
  • ペイント

「Windows 10 Fall Creators Update」で廃止・非推奨となる機能が明らかに/「EMET」「3D Builder」が廃止。「Windows PowerShell 2.0」「ペイント」は非推奨

 

この中で一般的なユーザーに影響があるのは、リーダーとペイントではないかと思います。

リーダーはPDFファイルを開くアプリで、マイクロソフトはブラウザのEdgeを代替えに推奨していますが、無料で利用できるアドビリーダーを使うこともできます。

アドビリーダー ダウンロード(Adobe)

 

ペイントはWindowsの初期から標準装備されてきたペイントソフトですが、今回ついに非推奨となりました。

代替えはすでに公開されている ペイント 3D になります。

ペイント 3D

 

Windows 10の大型アップデートは年間2回(3,9月頃)公開される予定ですが、新たな機能が追加される反面、次回のように廃止される機能もあります。

古い規格のアプリは新しいWindowsで動かすには問題が出てくることもあるので、こういった新陳代謝が行われます。
アップデートの際は、事前にこのような情報も確認しておくと混乱しませんね。

 

「Windows 10 Fall Creators Update」で廃止・非推奨となる機能が明らかに/「EMET」「3D Builder」が廃止。「Windows PowerShell 2.0」「ペイント」は非推奨

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です