Amazonマーケットプレイス詐欺に注意!

 

Amazonマーケットプレイスを利用した詐欺行為が頻発し、大きな被害を出していますのでご注意ください!

 

Amazonマーケットプレイスがアカウント乗っ取られている

Amazonにはマーケットプレイスというサービスがあり、登録したユーザーが出品して販売をすることができます。

今回は、このマーケットプレイスに登録されたユーザーカウントを乗っ取り、人気のありそうな商品を激安で出品(したふり)をして、代金だけをもらい商品は送らない、という行為をする者が続々とあらわれています。その多くは中国系の集団だとか。

万が一被害にあった場合は、Amazonマーケットプレイス保証を申請すれば、支払った代金は返ってきます。

Amazonマーケットプレイス保証

しかし、商品購入に使用した個人情報は相手に届いているので、悪用される恐れもあります。

 

また、Amazonマーケットプレイス詐欺で、大変なことになっているのが、乗っ取られたアカウントの本来の所有者です。

出品者の個人情報は確認することができますから、詐欺にあったユーザーから続々と連絡が入り、すさまじいことになっているようです。

「この詐欺野郎」――身に覚えのないメールが数百件 Amazon「マーケットプレイス詐欺」問題、今も続く”乗っ取られた側”の苦しみ

 

Amazonで安全に買い物をするために

Amazonで販売する商品には大きく分けて3つのルートがあります。

  1. Amazonが在庫し販売するもの
  2. Amazonに出品した業者の商品をAmazonが発送するもの
  3. 出品者が発送するもの

マーケットプレイス詐欺では3に該当するルートです。

人気の商品で極端に価格が安いものは要注意!

下記のように中古でも44,000円以上するPlayStation 4 Proが、新品で15,000円で売られているなんて、通常はあり得ないことですよね。新規出品者というのが怪しいし、しかも発送元がアメリカって・・・。

 

プライムマークを目安に

Amazonで販売する商品にはプライムマークが付いているもの(翌日配達が可能&プライム会員は送料無料)がありますが、これはAmazonが出荷する商品なので安全です。

プライムマークが付いていない商品でも[AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます]という表記のある商品は、発送元がAmazonなので間違いはないでしょう。

 

アカウントの2段階認証を設定する

今回のAmazonマーケットプレイス詐欺で乗っ取られたアカウントはあまり使われていなかった休眠アカウントが狙われたようですが、アカウントの乗っ取りはパスワードの強化と2段階認証を設定することで予防できます。

マーケットプレイスを利用しないアカウントでも乗っ取られる可能性はありますので、Amazonのアカウントを持っている方は、ぜひ2段階認証を有効にしておくことをおすすめします。

2段階認証を有効にする(Amazon ヘルプ&カスタマーサービス)

 

Amazonに限らず、FacebookやTwitter、Instagram、Google、Appleなどの各種サービスも2段階認証が利用できるようになっています。

ネットのセキュリティはパスワードだけでは守り切れない時代になっている、というのが現実ですので、2段階認証が利用できるサービスはすべて2段階認証を有効にしておくようにしましょう。

2段階認証のススメ | FD Blog

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

Amazonマーケットプレイス詐欺に注意!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です