クラウドストレージ利用のススメ

 

クラウドストレージはお使いですか?

データをクラウドに保存することにどんなメリットがあるのか?
どんなサービスを使えばいいのか?

そんなことを解説してみます。

 

クラウドストレージとは?

クラウドストレージは、パソコンのデータを置くインターネット上のサーバーのことをいいます。
インターネットを利用してパソコンのフォルダと同期する機能を持ち、保存したデータはスマートフォンやタブレットでも利用可能です。

様々なサービスがありますが、基本機能は無料で利用できるものが多く、パソコンの標準機能として用意されているものもあり、簡単に導入できるようになっています。

 

主なクラウドストレージ

代表的なクラウドストレージを紹介します。

OneDrive

OneDrive(ワンドライブ)は、マイクロソフトが提供するサービスで、Windowsの標準機能として搭載されています。

OneDrive

WindowsのエクスプローラーにOneDriveのアイコンがあります

マイクロソフトアカウントでログインして利用します。
無料で利用できる容量は5GB。Office 365ユーザーは1TBまで利用可能です。

Windowsに標準装備されているサービスですし、マイクロソフトアカウントはOfficeのインストールで設定しているので、スムーズに利用できるのが大きな魅力。
Officeやマイクロソフトの様々なサービスとも連携できるので、Windowsユーザーならぜひとも設定しておきたいクラウドストレージです。

 

Googleドライブ

Googleドライブ(グーグルドライブ)は、Googleが提供するサービスです。

お馴染みのGmail(=Googleアカウント)でログインして利用でき、無料では15GB(各種Googleサービスと共有)まで利用可能です。

Androidのスマホ・タブレットをお使いの方はGoogleアカウントをお持ちだと思いますが、そのアカウントで利用できるので、改めてアカウントを作る必要はありません。
パソコンではGoogleドライブのアプリをインストールすることで同期ドライブを作成して同期することができます。

 

Dropbox

クラウドストーレージの元祖ともいわれるのがDropbox(ドロップボックス)。

専用のアカウントを作成し利用し、無料で利用できる容量は2GBとなっています。

連携サービスの多さと、同期の安定性とスピードが大きな魅力ですが、無料では容量が小さいことと、アプリを利用できる端末が3台までという制限がある点がちょっと残念です。

 

iCloud Drive

iCloud Drive(アイクラウドドライブ)は、Appleが提供するサービスです。

iPhoneユーザーにはお馴染みのiCloudのクラウドストレージで、無料で利用できるのは5GBまでとなっています。
利用にはApple IDを使います。

 

Macでは標準装備されていますが、WindowsパソコンでもiCloudのアプリをインストールすることで利用可能です。
iPhoneの写真アプリの同期などもあるので便利ですが、それだけで容量を消費してしまっている方も多く、本格利用には有料プランへのアップグレードが必要かもしれません。

 

クラウドストレージのメリット

クラウドストレージを利用するメリットは?

リアルタイムバックアップ

クラウドストレージで同期するフォルダにあるファイルは、インターネットに接続されていれば同期するので、リアルタイムにバックアップされていることになります。

万が一パソコンが故障しても、データはクラウドストレージ側にもあるので、データを失うことはありません。
修理後、または別のパソコンでログインすれば元通りデータを使うことができます。

 

他デバイスとの共有

複数のパソコンやスマートフォン、ダブレットでも同一アカウントでログインすれば、同じデータを共有することができます。
USBメモリでデータを持ち運んだり移動したりする手間もいらず、スムーズにデータの共有ができます。

また、インターネットに接続されていれば、いくら離れた場所でもデータを共有できるのも便利ですね。

 

セキュリティは大丈夫?

大手企業の提供するサービスでは、クラウドストレージ側のセキュリティやバックアップ体制は万全と言えます。

ユーザー側ではアカウントとパスワードの管理をしっかりしておくことが重要。
特に同じパスワードの使い回しや、類推できるパスワードを使うことはやめましょう。

セキュリティを重視するのであれば、二要素認証を設定しておくことが望ましいです。
※各サービスとも二要素認証の設定ができるようになっています。

 

まとめ

最近のパソコンはハードディスクのかわりにSSDを搭載するものが多くなっていますが、SSDは故障するとデータを失う確率がハードディスクより高いので、大切なデータのバックアップは必須。

フジデンキでは、リアルタイムでバックアップができるクラウドストレージの利用をおすすめしています。

複数のサービスを使い分けることも可能なので、ご自分の利用スタイルに合ったクラウドストレージの利用をすることができます。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

クラウドストレージ利用のススメ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です