Flashのセキュリティアップデートを偽装したAndroid向けマルウェア

 

Android搭載スマートフォンを狙う新たなトロイの木馬が出現しました。
今回はFlashのセキュリティアップデートを偽装したタイプです。

 

Flashのセキュリティアップデートを偽装したAndroid向けマルウェア

今回発見されたマルウェアの挙動は以下のような流れです。

  1. Flash Playerのアップデートを装いプログラムをインストールさせようとする
  2. 1で表示されたプログラムをインストールすると、節電モードを有効にしろという表示を出す
  3. 2の節電モードを有効にするとSaving Batteryという機能を有効にしろと促す
  4. 3のSaving Batteryを有効にすると、相手側のサーバーから悪意を持ったアプリをインストールするといった攻撃をする


画像引用:「Android」を狙う新たなマルウェア–Flashのセキュリティアップデートを偽装(ZDNet Japan)

 

詳細は下記の記事にありますので、ご参照を。

「Android」を狙う新たなマルウェア–Flashのセキュリティアップデートを偽装

 

感染した場合、相手からの攻撃はアドウェア、マルウェア、ランサムウェアなど、様々なタイプのものがあるようで、なかなかやっかいなもののようです。

現時点では英語のみのアプリのようですが、遭遇する危険はありますので、Androidスマートフォン・タブレットをお使いの方はご注意ください。

 

感染を防ぐポイント

  • 出所が不明なアプリはインストールしない
  • 理解できない表示を不用意にタップしない
  • ウイルス対策ソフトをインストールし動作させておく

Android端末は自由度が高いため、流通するアプリも玉石混淆で、怪しいアプリもたくさんあります。
基本中の基本の予防策は、ウイルス対策のアプリをインストールし実行しておくことです。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です