公衆無線LAN(Wi-Fi)の危険性

 

カフェやコンビニ、商業施設や観光施設などで、公衆無線LAN(フリースポット)といわれる無料Wi-Fiが利用できるというところが多くなりました。

公衆無線LANは便利な反面、セキュリティ面では危険性もあるので、利用に際しては注意が必要です。

 

無料Wi-Fiの元祖? スタバも自身で注意を発しています

スタバ(スターバックス)でMac Bookを開いてドヤ顔(苦笑)・・・というイメージで有名、無料Wi-Fiといえばスタバが思い浮かびますが、そのスタバが自店の無料Wi-Fi利用についての注意を発しています。

at_STARBUCKS_Wi2(スターバックス)

「at_STARBUCKS_Wi2」の無線LANは暗号化しておりませんので、秘匿性の高い情報を送受信する場合には、セキュリティを確保するSSLやインターネットVPNなどを用いて通信内容を保護することをお勧めします。

わかりやすくいうと・・・

スタバの無料Wi-Fiは暗号化されていないから、個人情報やID・パスワードなどを利用するウェブサイトやサービスを使うときは、HTTPS化してあるウェブサイトを使わないと危ないです。

・・・ということです。

 

公衆無線LANの危険性とは?

暗号化についての不安

無料Wi-Fiサービスによっては暗号化されていないものがあり、接続は簡単ですが、通信内容を簡単に読み取ることができます。

暗号化されているものでも、その無料Wi-Fiを利用する人は共通のパスワードを使うため、パスワードがわかれば(利用者に開示されているので誰でもわかる)誰でも通信内容を読み取ることができてしまいます。

 

悪意を持った無料Wi-Fiもある

無料Wi-Fiを装って利用させ、利用者の送受信したデータを回収する・・・という例もあります。

パスワードもなく簡単に接続できるので、喜んで利用していたら、通信内容をすべて傍受され、個人情報が流出してしまった、という事態になることもあります。

 

 

対策は?

個人情報を利用する場合はHTTPS化サイトを使う

無料Wi-Fiのセキュリティが脆弱な面はカバーしようがないので、利用するウェブサイト側で暗号化されるサイト=HTTPS化サイトを利用するようにします。

個人情報を送信するような場合は特にHTTPS化されているかを確認して利用するようにしましょう。

HTTPS化(SSL化)についての詳細は下記の記事に詳細があります。

ウェブサイトは常時SSLが標準になる | 3061.jp @FUJIDENKI

【Q&A】ネットショッピングをする際の注意点を教えてください | FD Blog

 

提供元が不明な無料Wi-Fiは利用しない

無料Wi-Fiは必ず提供する業者が存在しますので、利用する際はどこの業者が提供するものなのかを確認してから接続しましょう。

施設等で提供するものは、案内が掲示されているはずですし、大手の事業者が提供するものは利用できる場所にシールが貼られていたり、ネットワーク名やパスワードなどは事前にネットで確認することもできます。

簡単に利用できるからと、提供元が不明な無料Wi-Fiに安易に接続するのは控えましょう。

 

スマホもパソコン同様です

無料Wi-Fiを使う機会が多いのは、パソコン以上にスマートフォンやタブレットではないかと思いますが、スマホ・タブレットもパソコン同様に危険性がありますのでご注意ください。

 

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

公衆無線LAN(Wi-Fi)の危険性” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です