フリーWi-Fiに潜む危険性を知っておこう!

 

フリーWi-Fi、公衆無線LANやフリースポットなどとも呼ばれますが、こういった不特定多数の人が自由に使えるWi-Fiには、危険性があるということも知っておきましょう。

 

フリーWi-Fiは安全ではない

コンビニやショッピングセンターなどの大きな商業施設はもちろん、公共施設や小さな飲食店やお店でも、お客様が利用できるフリーWi-Fi(公衆無線LAN・フリースポット)が続々と増えています。

「ギガを減らさずにネットを利用できる」ということで、フリーWi-Fiが利用できるところでは積極的に利用している、という方も多いのではないでしょうか?

 

便利なフリーWi-Fiですが、「誰でも自由に利用できる」ということは、セキュリティ面での危険性もあることを知っておかなければなりません。

誰でも自由に利用できるので、同じWi-Fiネットワークに多数の人が接続していることになります。

会社などのネットワークでは同じネットワークに接続したパソコンの中のデータを共有したり、プリンタを共有していると思いますが、フリーWi-Fiで同じネットワークに繋がっているということはそれと同じことなので、セキュリティの甘い機器に侵入したり、やりようによっては通信内容を傍受したりすることができてしまうのです。

 

特に通信内容が暗号化されていないフリーWi-Fiでは、通信内容を傍受され個人情報等が漏れるというリスクがあります。

お店のWi-Fiでは有名なスターバックスでもお店で提供するWi-Fiのリスクについて警告をしています。

 

フリーWi-Fiを安全に利用するためにやるべきこと

URLが「https://」で始まるサイトだけ利用する

ウェブサイトのURLがhttps://のものは、通信内容が暗号化されているため、万が一傍受されても内容を知られることはありません。
ブラウザのURL表示の頭にカギマークがつくのがhttps://のサイトですので、利用の際はそれを意識して利用するようにしましょう。

 

 

個人情報や金銭が絡む情報はやりとりしない

フリーWi-Fi利用時は、できるだけ個人情報や金銭にかかわる内容の通信はしないようにしましょう。
特にhttps:// になっていないサイトでは通信内容が暗号化されないで送信されるので非常に危険です。

 

使い終わったらWi-Fiの接続設定を削除する

フリーWi-Fiの接続設定が残っていると、次回その場所に来たときに自動的に接続されることになり、自分が意識していなくてもフリーWi-Fiを使って通信していた・・・という事態になってしまいます。
安全のために、利用を終えたらフリーWi-Fiの接続設定は削除しておくのがおすすめです。

 

 

まとめ

便利なフリーWi-Fiですが、そのリスクも知っておき、安全に利用できるようにしましょう。

セキュリティに厳しい考えを持っている人は「絶対にフリーWi-Fiを使わない」ということを実践している、というくらい危険性もあることを意識しておきたいですね。

下記の記事で紹介しているVPNの利用も有効な手段です。
VPNについてはこのブログでも後日開設する予定です。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

フリーWi-Fiに潜む危険性を知っておこう!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です