光コラボレーションの転用は1回限り 再転用はできないので注意!

 

インターネットが安くなります! という勧誘の電話、多いですね。

安くなるなら・・・と安易に光コラボレーションに乗り換えると、後々困る方も・・・。

みんなが知らない衝撃の事実はこれだ!

 

光コラボレーションとは?

光コラボレーション(以下 光コラボ)は、2015年からNTT東西がフレッツ光を卸売りをスタートし、卸売りを受けた事業者が自由に価格設定をし、自社のサービスと組み合わせて提供するサービスです。

ドコモ光やソフトバンク光のように携帯電話会社の提供する商品が有名ですが、プロバイダを始め様々な業種が自社のサービスと組み合わせて、割安感があるプライスを呈示しています。

 

今回はサービス内容や価格の面ではなく、光コラボレーションで多くの方が知らない事実をお知らせします。

それは・・・。

 

光コラボは再転用不可で電話番号が消える

光コラボレーションを契約すると、現在のフレッツ光の内容を 転用 することになり、ひかり電話も電話番号そのままで転用されます。

この転用は1回限り、光コラボに転用した後に別の光コラボやフレッツ光に再転用することはできません。

どうしても乗り換えたいという場合は、契約中のサービスを解約し、新たなサービスを新規契約することになります。

契約中のサービスを解約すれば、その時点で電話番号も抹消され、新規契約では新たな電話番号を選ぶということになるので、電話番号をそのまま維持することはできないのです。

 

どうして再転用できないのか?

転用時には契約内容の引き継ぎが必要ですが、光コラボの事業者は日本全国に大小様々な事業者があり、各社が独自のフォーマットやシステムで管理しています。

データが統一されていないために、一旦光コラボ事業者に渡ったデータは、異なったシステムで管理される他の事業者に転用するのは難しいため、再転用ができないのだそうです。

データ管理を統一したシステムにすれば、再転用できるようになるのでしょうが、大手の事業者はともかく、雨後の竹の子のように出てきた大小様々の事業者が統一したシステムにするのは相当難しいでしょう。

 

光コラボの契約はくれぐれも慎重に!

電話勧誘で「安くなります!」「すぐできます!」と言われて、詳細な内容を把握せずにホイホイと契約してしまい、不都合だから元に戻そうとしたら電話番号が変わるから戻すに戻せない

・・・という事態になることもあります。

特にお店や会社などで利用する回線は、電話番号が変わってしまったら大変なことになるので要注意です。

この再転用できない、電話番号が変わってしまう、ということは、光コラボの事業者はもちろん、NTTのウェブサイトや資料でも確認することは難しいので、多くの方が知らないのではないでしょうか?

光コラボの導入を検討されている方は、この点も含めて慎重に検討されることをおすすめします。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です