Gmail 使い方の基本 その2

 

Gmailに触れてみて戸惑うことのひとつに「フォルダ」がないということがあります。

一般的なメールソフトでは、メールはフォルダを使って仕分けをしますが、Gmailにはフォルダという機能はなく、ラベルを使った仕分けになります。

 

Gmailではフォルダではなくラベルを使う

Gmailにはフォルダの機能はなく、その代わりをするのがラベルになります。

 

受信したメールで保存したいものはアーカイブするのがGmailの基本的な操作ですが、その際にラベルを貼ることが、一般的なメールソフトのフォルダ分けになります。

ラベルは自由に設定でき、編集も可能で、1通のメールに複数のラベルを貼ることができる、という特徴もあります。

 

ラベルの自動貼り付けも可能

メールソフトでは特定した条件のメールを自動的に指定したフォルダに仕分けする自動仕分けの機能がありますが、Gmailのラベルでも同様のことができます。

設定のフィルタ機能を使い、条件を指定して自動的に指定したラベルを貼ることができます。

 

受信トレイもラベルという事実

Gmailは入れ物がひとつしかなく、付箋的にラベルで分類しているだけなわけですが、受信トレイですらラベルなのです。

受信したメールには 受信トレイ というラベルが貼られているから、Gmailの受信トレイに表示されているわけですね。
ちなみに削除したメールは ゴミ箱 というラベルが貼られているから、ゴミ箱にあります。

 

ラベルの利用はほどほどでOK

フジデンキではGmailの利用アドバイスでは「ラベルの利用はほどほどでいいですよ。」と言っています。

細かくラベルを貼るのは大変ですし、ラベル事態が増えてしまうとさらに管理に手間がかかるので、すべてのメールにラベルを貼ることをせず、あとから利用することの多いメールや、重要なメールだけにラベルを貼る程度にするようにおすすめしています。

「仕分けしなかったら探すのが大変でしょ?」 と思いますよね。

大丈夫です!

必要なメールは検索すればいいんです!

ここはさすがに検索サイトを運用するGoogleがやっているGmailなので、検索についてはめちゃくちゃ優秀なのです。
アドレスや名前、その他のワードで検索すれば、件名・アドレス・本文を対象に検索し、該当するメールをサクッと表示してくれます。

一切ラベルを貼らずに使っても、特に不自由なく使えるといっても過言ではありません。

 

ラベルは補助的にゆるーく使う・・・という感覚で使ってみるのがおすすめです。

 

Gmail – Google の無料ストレージとメール

 

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です