超大型10連休! パソコンのセキュリティ対策は?

 

今年の大型連休は10連休という前例のない超大型連休です。

大型連休を前に、長期休み期間のパソコン関連のセキュリティについて考えてみましょう。

 

長期休み明けのトラブルは多い

大型連休や年末年始、夏季休暇といった長期の休み明けは、パソコン関連のトラブルが増えます。

休み中使用していないため、アップデートが溜まることもありますが、ウイルスを拡散させる行為を行っている側も休み明けを狙うことが多く、例年長期休暇明けはウイルス感染被害も増加する傾向があります。

 

IPA(情報処理推進機構)でも、ゴールデンウィークにおける情報セキュリティに関する注意喚起を公開しています。

 

大型連休に備えたセキュリティ対策は?

休み前後にアップデートを実施する

休み中まったく使わなくなるパソコンの場合は、休みに入る前に手動でWindowsアップデートやセキュリティソフトのアップデートを実施します。

休み明けはパソコンの電源を入れたら仕事にかかる前に手動でWindowsアップデートやセキュリティソフトのアップデートを実施します。

すぐ仕事に取りかかりたい気持ちはわかりますが、休み期間中に発見された脆弱性などを利用した攻撃がある可能性もあるので、まずはアップデートをしてから仕事にかかるようにしましょう。

 

緊急連絡先を確認しておく

交代で休みを取るような場合は、休み中にパソコン関連のトラブルが発生した場合の対処法を明確にしておくことも大切ですね。

特にトラブル時にアドバイスをもらいたい時の緊急時の連絡先を確認して共有するようにしましょう。

いざということきはここに連絡する・・・というところがあるのは心強いです。

 

サポート関係の休みを確認しておく

パソコンや周辺機器、ソフトウェアなどのユーザーサポートも連休中は休みになるところがあります。

よく利用するところなどを中心に、ユーザーサポートの連絡先や連休中の対応状況を確認しておきましょう。

 

 

まとめ

連休などで長期間パソコンを使わない時期は、悪意を持った行為をする人々が狙う時期でもあります。

セキュリティ対策の基本は、Windowsやソフトウェアを最新の状態にすることですので、休み明けの最初の作業はアップデート という意識を持って対応することをおすすめします。

 

フジデンキは大型連休中も通常営業いたします

フジデンキは大型連休中も通常営業いたしますので、連休中でもパソコン修理やトラブル等に対応可能です。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です