お家やお店のWi-Fi機器の利用で気をつける5つのこと

 

Wi-Fi(無線LAN)は今や欠かせないものになっていますが、その重要なWi-Fiの利用について気をつけたい5つのことをまとめてみます。

 

お家やお店のWi-Fi機器の利用で気をつける5つのこと

ここでは一般の家庭や小さなお店での利用を前提に、Wi-Fi機器を利用する際の注意点をあげています。

1.SSIDとパスワードの管理

Wi-Fi機器には接続用のSSIDとパスワードがあります。
標準設定で使う場合は、機器に貼ってあるものや付属するカード等に記載されたものを使いますが、このデータをなくさないようしっかり管理しましょう。

また、この値がわかるとあなたのWi-Fiに接続できてしまうので、やたらと他人には教えないようにした方がいいですね。

※Wi-Fiに接続できると設定によっては同じネットワークに接続された他のパソコンに侵入することもできるので、悪意を持った人に知られると情報流出等の危険があります。

Wi-Fi機器に付属するカードの例

 

2.セキュリティの設定に注意

最近のWi-Fi機器は初期設定からセキュリティはしっかりしていますが、古い機器や自分で設定されたものの中にはセキュリティ設定が甘くて、電波の届く範囲の人が誰でも利用できる状態のものもあります。

また、古い機器ではWi-Fi通信の暗号化の規格が古いものがあり、暗号化していても危険度が高いものもあります。

 

3.機器の性能

光回線でインターネットが速くなっても、Wi-Fi機器の性能が低いと接続されたパソコンやその他の機器で速度が上がりません。

Wi-Fi機器にはそれぞれ性能があるので、利用する環境や要望にあわせて機器を選ぶようにします。

Wi-Fi機器にはそれぞれ性能があります

上記の写真の大きな数値は最高通信速度を表します。
その他、推奨利用環境を見ると、どんな環境・使用に向いているかを確認できます。

 

4.機器の劣化

Wi-Fi機器は24時間365日休みなく働く機器なので、それなりに劣化もします。
数年使用したものでは、通信速度が上がらない、電波の届く距離が短くなった、時々通信が切れる・・・といった症状が出ることがありますが、これは機器の劣化です。

数年経てばWi-Fiの規格も変わりますし、性能も上がってきますので、潔く交換することをおすすめします。

 

5.2重ルーターに注意

ひかり電話ルーターとWi-Fi機器を接続している場合、ルーター機能をひかり電話のルーターに持たせるのか、Wi-Fi機器(Wi-Fiルーター)に持たせるのかを設定しますが、この設定でどちらもルーター機能が有効になっていると、2重ルーターとなって正常に通信できなくなります。

ルーター機能はネットワークの元ですので、きちんと設定するようにしましょう。

 

 

まとめ

よくわからないまま接続し使っていて、通信状態が不安定だったり、危険性が高かったりという例もあります。

パソコン以外でもスマホやタブレット、ゲーム機、テレビ、さらにスマートスピーカーなど、Wi-Fiに接続する機器は増える一方です。

それらの機器を快適で安全に使うために、Wi-Fi機器の点検をすることをおすすめします。
自分でよくわからないという場合は、専門の業者に見てもらうようにするといいでしょう。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です