Internet Explorer 11 サポート終了までのスケジュール

 

マイクロソフトが、Internet Explorer 11(以下IE 11)サポート終了までのスケジュールを発表しました。

 

IE 11サポート終了までのスケジュール

  • 2020年8月17日 スケジュール発表
  • 2020年11月30日 Microsoft TeamsのWebアプリがIE 11をサポート終了
  • 2021年3月9日 Microsoft Edge Legacy(旧Edge)をサポート終了
  • 2021年8月17日 Microsoft 365のアプリとサービスがIE 11をサポート終了

今やマイクロソフトのメインサービス、収益の柱でもあるMicrosoft 365サービスがIE 11を動作対象から外すのが来年、2021年8月17日ということで、実質的にIE 11の寿命はその時点までかな・・・という状態ですね。

ただし、IE 11自体のサポートは、インストールされているOSのサポート期限になるため、Windows 10でIE 11を使っている場合継続されます。

 

すでにIE 11をサポートしないサービスも続々

IE 11自体のサポートは続きますが、IE 11で動作しないサービスも続々出ています。

代表的なとことでは、動画サービスのYouTube。
サービスにアクセスすると警告を出すレベルではなく、強制的にEdgeで開くという状態になっています。
また、MSNのようにサイトを表示した際に「このブラウザは対応していません」という表示を出すサイトも増えています。

実際にサイト内のサービスを利用しようとしてもエラーになるなど、利用できない事もありますので、素直に指示に従って、対応するブラウザを使うようにしましょう。

 

IE 11から ChromiumペースのEdgeへ

Windows 10の公開と同時にマイクロソフトの標準ブラウザとなったEdge(エッジ)ですが、これも今年の春に一新され、ChromiumペースのEdgeになりました。

 

上記のスケジュールでは2021年3月9日にこれまでのEdge(旧Edge)のサポートが終了します。
Chromiumベースの新しいEdgeは下記のページからダウンロードして利用可能です。

 

まとめ

IE 11は古い規格で作られたブラウザで、現在のサービスには対応しない点が多数出てきています。
使い慣れているから・・・と、未だに愛用されている方も多いですが、実際にサービスが利用できない例も出てきていますので、別のブラウザに移行する必要があるでしょう。

マイクロソフトはChromiumベースのEdgeを推奨していますが、この他にも、Google Chromeや、Firefoxなどのブラウザもあります。
これらのブラウザは現在も開発が進み、こまめにバージョンアップされていますので、安心して利用できます。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

パソコン修理
フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です