iPhoneで撮った写真が使えない? iOS11で変わった写真フォーマット

 

iPhoneで撮った写真をブログで使おうと思ったら、アップロードエラーになって使えない・・・という事態に見舞われた方、いらっしゃいませんか?

原因はiOS11で変わった写真フォーマットにあります。

 

iPhoneの標準写真フォーマットはHEIF

これまでのiPhone(iOS)では写真のフォーマットはJPEG(ジェイペグ)で、デジカメの標準的なフォーマットと同じです。

それがiOS11で標準の写真フォーマットがHEIF(ヒーフと読むそうです)に変更されました。
HEIFは「High Efficiency Image File Format」の略で、日本語にすれば「高効率画像フォーマット」ということで、高画質な写真が従来より小さいファイルサイズで保存できるようになっています。

「HEIF」「HEVC」っておいしいの? iOS 11で変わった画像・動画形式を知る (1/4)

 

HEIF未対応のサービスがある

HEIFは新しい規格のため、対応していないサービスも多く、代表的なものではブログサービスのWordPressがあります。

WordPressの対応する画像フォーマットは下記の通り。

  • jpg,jpeg,jpe(ジェイペグ)
  • gif(ジフ)
  • png(ピング)
  • bmp(ビットマップ)
  • tif,tiff(ティフ)
  • ico(アイコン)

そのため、iPhoneで撮影した写真をそのままWordPressで使おうとしても、未対応のメディア(画像)としてアップロードできません。

小さいファイルサイズで高画質の写真が撮れるフォーマットでも、利用したいサービスで使えないのは困りますね。

 

iPhoneの写真フォーマットは設定で変更できる

iPhone(iOS11)の写真フォーマットはカメラの設定で従来のJPEGフォーマットに変更できます。

 

変更の詳細は下記の記事にあります。

ブロガー向けiPhoneと設定 | 3061.jp @FUJIDENKI

 

iPhoneで撮った写真をiPhone以外でも使う機会があるという方は、カメラの設定でフォーマットを 互換性優先 にしておけば安心です。

 

iPhoneのカメラは性能もよく、特にiPhone 7 Plus、8 Plus、Xで利用できるポートレートは、被写体にピントが合い背景がボケるという一眼レフカメラで撮ったような写真が簡単に撮ることができます。

この機能を使っただけで、自分のカメラの腕が数段上がったように感じます。(笑)
撮った写真はGoogleフォトで自動的にクラウドにアップされるので、パソコンでの利用も簡単なため、すっかりデジカメ要らずな日々。

互換性優先(JPEGフォーマット)に設定しておくので、他のサービスでもスムーズに使えて快適です。

 

ブログの写真? iPhoneで撮れば? | 3061.jp @FUJIDENKI

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です