メールの上手な使い方 〜Gmailのアーカイブ〜

 

Gmailはメールの取扱い方が一般的なメールソフトとは違うのですが、最大の特徴は アーカイブ という機能。

この機能を理解するとGmailがぐっと魅力的なサービスに感じます。

 

メールの上手な使い方 〜Gmailのアーカイブ〜

Gmailにはフォルダの概念がないので、受信トレイのメールを保管用のフォルダに移動する、という行為はできません。

その替わりに Gmailには アーカイブ という機能があります。

Gmailの受信トレイにあるメールを開くと、上部にアーカイブのアイコンがあります。

 

このアイコンをクリックするとメールがアーカイブされ、受信トレイから消えます。

受信トレイから消えたメールは、左側にあるメニューの すべてのメール をクリックすると表示されます。

 

Gmailの仕組みは、メールはすべてひとつの箱(すべてのメール)にあり、受信トレイやゴミ箱にあるメールは、受信トレイやゴミ箱というラベルが貼られているものになります。

受信トレイから消すには、メールから受信トレイというラベルをはがせばいいのですが、それがアーカイブでできるのです。

 

Gmailはアーカイブと削除でシンプルに処理

Gmailのメール処理は アーカイブゴミ箱 のふたつの処理だけで済みます。

保管しておきたいメールはアーカイブ、不要なメールはゴミ箱、という処理をしていけばOK。

 

アーカイブされたメールは仕分けされずに保存されていますが、そこは検索のGoogleのサービス。
強力な検索機能があるので、Gmail内を検索することで、必要なメールをサクッと探し出すことができます。

メールの上手な使い方 〜仕分けはほどほどに〜 | FD Blog

メールの上手な使い方 〜受信トレイは空にする〜 | FD Blog

 

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です