Microsoft Office 互換機能パック が4月で廃止されます

 

マイクロソフト Officeの旧製品に対しての Microsoft Office 互換機能パック が4月で廃止されます。

 

Microsoft Office 互換機能パック

Microsoft Office 互換機能パックは、Office 2003以前のOfficeに対して、Office 2007以降で採用された新しいファイル形式(docx,xlsx,pttxなど)を開けるようにするための追加ソフトです。

Office 2007で ファイルの拡張子にxが付く新しい形式になり、従来のOffice 2003以前では開けなくなったためにつくられたのが互換機能パックです。

Word、Excel、および PowerPoint ファイル形式用の Microsoft Office 互換機能パック

 

旧Officeはすでにサポート終了

Office 2003は2014年4月9日にWindows XPとともにサポートを終了しています。
※新形式になった最初のOffice 2007も2017年10月10日にサポートを終了しています。

フジデンキでも修理で持ち込まれる中で、ごく稀に見かけることがありますが、さすがに常用している方はわずかのようですので、互換機能パックが廃止されても大きな問題にはならないと思われます。

 

Office 2003は現在のWindows 10等では動作保証していませんので、万が一利用していた場合、Windowsのバージョンアップ等で大きなトラブルが起きる可能性もあります。

 

Office 互換機能パックは4月で廃止

Office 互換機能パックは 2018年4月に廃止され、その時点から、ダウンロードできなくなり、セキュリティ更新プログラムも配信されなくなります。

 

「Microsoft Office 互換機能パック」が4月で引退 ~11年間以上もの長い間ありがとう!/古い「Office」で新しいドキュメント形式”~X”を開くためのアドオン【やじうまの杜】

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です