マウスポインターが勝手に動いているような詐欺の手口に注意!

 

パソコンを使っていると、偽の警告画面の動画を表示し、偽のサポート窓口に連絡させるという、新たな詐欺の手口があると、IPAが注意喚起をしています。

 

報告されている新たな詐欺の手口

マウスのポインターが勝手に動いているような動画を表示させる

偽の警告画面を表示させ、マウスが勝手に動いていると思わせるような動画を表示します。
実際のマウスポインタは非表示になってしまうため、自分で操作できないと錯覚させます。

 

Windows Defenderの画面を表示

Windowsに標準装備されているセキュリティソフト Windows Defender が脅威(ウイルスなど)を見つけたと思わせるような画面を表示し、パソコンにウイルスが感染したと錯覚させます。

 

上記の表示を出し、さらに解決するために偽のサポート窓口に、5分以内に電話をかけるよう促す警告メッセージを表示します。

電話をすると、「遠隔操作でパソコンをチェックする」と偽って、遠隔操作ソフトをユーザーにダウンロードさせて作業を行わせ、クレジットカード番号の入力を促し、情報を詐取するということをします。

 

詐欺の手口詳細は下記の記事で確認できますので、確認しておきましょう。

マウスポインターが勝手に動いているような詐欺の新手口に注意

安心相談窓口だより:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

 

怪しい表示が出た際は慌てずに

今回の手口のように5分以内に電話をするように・・・といった、時間制限を設けるのは、考えたり相談したりする余地を与えないための仕掛けです。

怪しい表示が出ても、慌てずに専門の業者やIPAなど公的機関の相談窓口に相談するようにしましょう。

お問い合わせ:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です