【重要】マイクロソフトアカウントの規約変更について

 

マイクロソフトがマイクロソフトアカウントの規約を変更、“非アクティブな”アカウントは停止されるようになりました。

 

マイクロソフトアカウントが消える!? 規約変更について

2019年8月30日に、Microsoft アカウント アクティビティ ポリシーが改定され、“非アクティブな”なアカウントが停止されるようになりました。少なくとも2年に1回以上、Microsoft アカウントへサインインしていないと、アカウントが停止される可能性があるそうです。

Microsoft アカウント アクティビティ ポリシーより抜粋

 

ただし、マイクロソフトアカウントを使用してマイクロソフトのの製品またはサービスを購入した場合や、アカウントに関連付けられたサブスクリプションの有効期限が残っている場合などは、“非アクティブな”状態とはみなされず、アカウントが存続するということになります。

詳しくは下記のMicrosoft アカウント アクティビティ ポリシーでご確認ください。

 

Officeのライセンスはマイクロソフトアカウントで管理される

一般的なユーザーにとってマイクロソフトアカウントは、Officeのライセンスが紐付けられるもの、OneDriveなどのマイクロソフトサービスを利用するものです。

最近はWordやExcelなどでもマイクロソフトアカウントでログインする仕様になっていますし、OneDriveを利用される方も多いので、アカウントが非アクティブのまま放置されることは少ないと思いますが、インターネット利用のない環境でお使いの方などは、2年に1回以上のサインインができなくてアカウントが停止される・・・ということが起きる可能性があります。

 

アカウントが停止されると、紐付けられているOfficeが利用できなくなったり、OneDriveに保存したデータや、購入したコンテンツにアクセスできなくなってしまいます。

マイクロソフトアカウントを所有されている方は、アカウントの利用状況を確認し、きちんと管理できるようにしておきましょう。

 

 

マイクロソフトアカウントに関するトラブルは増加中

Officeのライセンスがマイクロソフトアカウントで管理されるようになってから、マイクロソフトアカウントに関するトラブルが増加しています。

 

アカウントが不明や停止になってしまった場合は、アカウント所有者がマイクロソフトに問い合わせるしか手段はありません。

マイクロソフトアカウントの取扱い・管理は厳重に行い、トラブルにならないようにしましょう。

 

マイクロソフトアカウントに関するお問い合せはフジデンキでは対応できません

こうしてブログに記事を書いてるためか、マイクロソフトアカウントについての問い合わせ多数いただいておりますが、マイクロソフトアカウントはマイクロソフトの管理下にあるため、フジデンキでは対応できません。

お問い合せをいただきましてもお役に立てませんのでご了承願います。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

【重要】マイクロソフトアカウントの規約変更について” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です