マイクロソフトアカウントがないとOfficeがインストールできない

 

マイクロソフトは、Office 2013以降のOfficeではマイクロソフトアカウントとプロダクトキーを紐つけて管理するようなシステムをつくりました。

これによって、マイクロソフトアカウントが非常に重要な存在になりました。

 

Officeはマイクロソフトアカウントがないとインストールできない!

現在、パソコンに付属する大半のOfficeは Office Premium です。

 

インストール用のメディアは付属せず、カードにはプロダクトキーが記載されているだけですが、このプロダクトキーだけではインストールができないのです。

インストール作業時に、プロダクロキーの入力と共に、マイクロソフトアカウントを作成(アカウントをお持ちの場合はログイン)し、作業を進めることになります。

ホーム – Microsoft アカウント

 

再インストールもマイクロソフトアカウントが必要

初回インストール時に設定したマイクロソフトアカウントに紐つけられた製品は、再インストールの際もそのマイクロソフトアカウントでログインし、インストールプログラムを入手してインストールすることになります。

Microsoft Office – 家庭やビジネスで活用できるソフトウェア

Officeのウェブサイトにマイクロソフトでログインすると、紐つけられた製品一覧が表示されます。

 

再インストールする際は、該当する製品の「インストール」から、インストール用のプログラムを入手して、製品をインストールします。

 

このように、マイクロソフトアカウントがないと、インストールすることができないのが、今のOffice製品なのです。

Officeインストール時に作成したマイクロソフトアカウントは、プロダクトキーと合わせて厳重に管理しましょう。

※Office 2013は初回インストール時にはマイクロソフトアカウントは不要ですが、再インストール時は必要になります。

 

フジデンキでは、パソコン販売時にセットアップする際は、使用したマイクロソフトアカウントとプロダクトキーをまとめて保存していただけるようにしています。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です