マイクロソフトアカウントのトラブル例

 

最近、フジデンキにはマイクロソフトアカウントに関する問い合せが増えています。

どのようなトラブルが発生しているのが例をまとめてみました。

 

なぜマイクロソフトアカウントのトラブルが増える?

最大の理由は、マイクロソフトのOfficeが、Office 2013以降マイクロソフトアカウントに登録され管理するシステムになったから です。

初回インストール時にOffice付属のプロダクトキーをマイクロソフトアカウントに登録するようになり、次回からはOffice製品付属のプロダクトキーではなく、マイクロソフトアカウントでログインし、インストールプログラムを入手してインストールすることになります。

 

そのため、Officeを登録したマイクロソフトアカウントでログインできないとOfficeが使えない という状態になります。

修理やトラブルでOfficeを再インストールしたいのに、マイクロソフトアカウントでログインできない! というトラブルが続発しているのが現状です。

 

 

マイクロソフトアカウントのトラブル例

アカウントがわからない

マイクロソフトアカウント自体が不明という例。

OfficeのバージョンによってはOfficeのアカウントメニューを表示すると、使用しているマイクロソフトアカウントが表示されるものもありますが、それで確認できないと難しいです。

Windowsのログインにマイクロソフトアカウントを使っている場合は、そのアカウントかもしれません。

 

パスワードがわからない

アカウント(=メールアドレス)はわかるが、パスワードが不明でログインできないという例。

この場合は、パスワードがわからない場合 をクリックし、パスワードのリセットして再設定して利用することができます。

パスワードのリセットでは、アカウントに利用しているメールアドレスでメールが受信できること、電話番号で本人確認ができることが条件です。

 

アカウントに設定していたメールアドレスでメールを受信できない

マイクロソフトアカウントに利用するメールを @outlook.jp 等のメールで設定し、パスワードを忘れてしまった場合は、パスワードのリセットをして再設定します。

マイクロソフトアカウントにプロバイダメールを設定していて、プロバイダの変更をしたため、設定したメールが利用できないということもありますが、この場合はなんともしようがありません。

 

Officeのプロダクトキーがわからない

マイクロソフトアカウントでログインできれば、マイアカウントページで登録されているOfficeの種類や登録後のプロダキクトキーを確認することができます。

 

これまでに書いたマイクロソフトアカウントに関する記事

 

マイクロソフトアカウントに関するお問い合せはフジデンキでは対応できません

こうしてブログに記事を書いてるためか、マイクロソフトアカウントについての問い合わせ多数いただいておりますが、マイクロソフトアカウントはマイクロソフトの管理下にあるため、フジデンキでは対応できません。

お問い合せをいただきましてもお役に立てませんのでご了承願います。

 

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

マイクロソフトアカウントのトラブル例” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です