マイクロソフト Office 2019 を公開

 

マイクロソフトは9月24日、Office 2019を発表、企業向けのボリュームライセンスユーザーから段階的に対応していくようです。

 

Office 2019を公開

Office 2019は企業向けのボリュームライセンスユーザーから対応し、一般ユーザー向けの販売は数週間後に開始されるそうです。

 

Office PremiumやOffice 365ユーザーも利用可能

最近のOffice付きパソコンではOffice Premiumが付属していますが、このOffice PremiumユーザーやサブスクリプションのOffice 365ユーザーは、常に最新のOfficeが利用できるライセンスのため、Officeのアップデートで最新のOfficeが利用できるようになっています。

マイクロソフトはOffice 365とOffice 2019とを分けて考えるようになっており、サポートや機能面でも違いがあります。
※Office PremiunのOfficeも起動時のロゴがOffice 365という表記になりましたが、これはOggice 365同等のサービスになったことをあらわします。

 

Office 2019のサポート期間は7年に短縮された

これまでのOfficeは発売開始から5年はメインストーリームサポート、さらに5年を延長サポートとし、計10年のサポート期間を設定していましたが、Office 2019ではメインストーリームサポート5年、延長サポート2年の計7年と短縮されました。

また、Office 2019がインストールできるWindowsは、Windows 10のみとなりまます。

サポート継続中のWindows 7や8.1でもOffice 2019はインストールできませんのでご注意ください。

 

(無料電話サポート付)できるOffice 365 Business/Enterprise対応 2018年度版 (できるシリーズ)

(無料電話サポート付)できるOffice 365 Business/Enterprise対応 2018年度版 (できるシリーズ)

株式会社インサイトイメージ, できるシリーズ編集部
1,944円(09/21 09:28時点)
発売日: 2018/05/17
Amazonの情報を掲載しています

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です