「ハードウェアの安全な取り外し」を行わなくてもUSBを取り外してOK!

 

マイクロソフトが「“ハードウェアの安全な取り外し”を行わなくてもUSBメモリ等を取り外してもOK!」と認めた、というニュースが入ってきました。

 

Windowsの「ハードウェアの安全な取り外し」

Windowsでは、USB接続の機器を取り外す際、タスクトレイにあるアイコンから「ハードウェアの安全な取り外し」を利用して機器を選択し、安全が確認されてから取り外す、という作法が推奨されていました。

 

マイクロソフトがUSB取り外しのポリシーを変更

長らく「ハードウェアの安全な取り外し」を使うことを推奨してきたマイクロソフトが、2019年4月2日にWindows 10 バージョン1809向けに公開したアップデートから、USB機器を取り外す際に「ハードウェアの安全な取り外し」の作業は不要とポリシーを変更しました。

 

バージョン1809以降に適用される新しいポリシーによると、Windows 10には「Quick removal(クイック取り外し)」という機能が存在しており、積極的にファイルを書き込んでいない限り、いつでも外部記憶メディアを取り外しすることができるようになっているとのこと。

MicrosoftによるWindowsサポートページによると、この機能はバージョン1809以降はすべての接続ドライブでデフォルト設定されることになるそうです。

つまり、PCとUSBメモリ間でデータのやり取りを行っているタイミング以外でなら、従来の「ハードウェアの安全な取り外し」なしでUSBメモリを抜いても全く問題なくなるというわけです。

<下記記事より抜粋>

 

まとめ

実は、菊地はこの「ハードウェアの安全な取り外し」を使う作法は普段からほとんど使う事はなく、作業が終わったらサクッと取り外しをしていました。

USB機器が世の中に出てからずっとそうしてきましたが、それで問題が起きたことはほとんどありませんでした。
問題が起きるのは大容量のデータをコピーや移動した際で、画面上ではコピーや移動の作業が終わったことになっていても、その直後は書き込みの最終処理をしている(USBのアクセスランプが点滅している)こともあり、エラーになることがあります。

この経験から、大容量のデータを扱った際は「ハードウェアの安全な取り外し」を利用して確認してから取り外すようにしています。

 

作業直後でなければ上記のようなトラブルが起きることはありませんので、マイクロソフトのポリシー通り、何もせずにUSB機器を取り外しても大丈夫です。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

「ハードウェアの安全な取り外し」を行わなくてもUSBを取り外してOK!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です