Office 2010 間もなくサポート終了

 

マイクロソフトは、Office 2010のサポートを 2020年10月13日に終了します。

 

Office 2010は10月13日サポート終了

マイクロソフトは、Office 2010のサポートを 2020年10月13日に終了します。

サポート終了後は、セキュリティ更新プログラムの提供が停止し、電話やチャットでのサポートを受けることができなくなります。

 

Office 2010サポート終了で発生するリスク

セキュリティ更新プログラムの提供が終了することで、新たに発見された脆弱性の修正や、トラブルに関する修正がされないことにより、危険性が増大します。

特にOfficeファイルを使って感染させるEmotetのようなウイルスに対して、非常に危険な状態になります。

 

また、Windows 10は半年に1度のバージョンアップがありますが、Windows 10の新バージョン開発ではサポートが終了したOffice 2010を対象から外すため、今後リリースされるWindows 10で正常に動作しない機能が出てくることも予想されます。

いずれにしても、セキュリティ面での危険性の増大や、動作の安定性など、問題になることが多く、継続利用には大きなリスクが伴います。

 

対策は?

サポート対象になっている Office 2013以降のバージョンのOfficeに移行するか、サブスクリプションのMicrosoft 365に移行することです。

買い切り型のOfficeの最新版はOffice 2019で、サポート期間は2025年10月14日となっています。

 

Windows 7時代のパソコンを使っている方は要注意

Windows 7時代のOfficeはOffice 2010です。
Windows 7を無償バージョンアップ等でWindows 10にバージョンアップしてお使いの方も多いですが、Officeはその時代のOffice 2010をそのまま利用している例が多く、この場合Windowsはサポート対象でも、Office 2010はサポート終了ということになります。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

パソコン修理
フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

Office 2010 間もなくサポート終了” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です