Office 2019はWindows 10のみ対応

 

マイクロソフトが2018年後半に公開予定のOfficeの新バージョン Office 2019 は、Windows 10のみ対応ということになるそうです。

 

Office 2019はWindows 10のみ対応

2018年後半に公開が予定されている Office 2019 は、インストールできるWindowsはWindows 10のみになるそうです。

「Office 2019」がWindows 10″だけ”サポートする理由

 

マイクロソフトはWindows 10を公開した際に、Windows 7や8.1からの無償アックグレードを1年間提供するなど、Windows 10への移行を協力に推進してきました。

Windows 7が多かった企業関係の買い替えサイクルにも合致するところが多く、企業関係もWindows 7から10への移行が進んでいるようです。

新しい規格でソフトウェアを設計する際、古い仕様で作られたWindows(OS)は足かせになり、新しい規格を採用できない部分も出ると言われるので、古いWindowsの切り捨ては仕方のないことなのかもしれません。

 

Office 2019で大きく変わるOfficeのサポート体制

上記記事によると、Office 2019のサポートはメインストリームサポートの提供は5年間、延長サポートはこれまでの5年間から2年間へと短縮されるとのこと。

これまで公開から10年だったOfficeのサポート期間が7年になるようです。

 

永続ライセンスは終了する?

永続ライセンス、従来のパッケージソフトとしての買い切り型のOfficeは今後終了するのではないか? という見方があります。

現在もOffice 2013やOffice 2016がありますが、このナンバー付きのOfficeは2019で終了するかもしれません。

 

Office 365に集約か?

マイクロソフトのOfficeは最終的にOffice 365に集約されるのでしょう。

現在も個人向けにOffice 365 Solo、法人向けにOffice 365 Businessなどが提供されていますが、1年単位でライセンスを購入し利用するサブスクリプションモデルです。

日本のみのようですが、パソコンに付属するOffice Home&Business Premiumは、そのパソコンで使う限り(他のパソコンで使うことはできない)最新版のOfficeが使えるという特殊なライセンスの製品もありますが、これも購入したパソコンの使用期間という期間を切った一種のサブスクリプションモデルかもしれません。

 

ソフトは買う時代から契約して使う時代へ

今後は日本でもパソコンにOfficeが付属しない(日本以外では当たり前のスタイルだそうです)、もしくはOffice 365の1年分のライセンスが付く、といったスタイルに変わるかもしれませんね。

アドビのCreative Cloudのように買い切り型のパッケージソフト販売を終了し、全面的にサブスクリプションに移行したソフトメーカーもありますし、オンラインソフトやウェブサービスもサブスクリプションモデルへの移行が盛んです。

マイクロソフトだってそうスタイルになるかもしれません。

 

ソフトウェアのサブスクリプション化について | FD Blog

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です