Office 365 サービスのメリット

Office 365とは?

Office 365はマイクロソフトが提供するサービスで、個人向けのOffice 365 Soloと、一般法人向けの Office 365 (複数プランあり)があります。

月契約または年契約でそれぞれのプランを契約し、利用するサブスクリプションというスタイルのサービスになります。

Microsoft Office – 家庭やビジネスで活用できるソフトウェア

 

Office 365のメリットは?

最新のOfficeアプリを複数のパソコンで使える

Office 365のプランではOfficeアプリが利用できるものがあり、これらのプランでは1ライセンスで複数のパソコン(2または5台)にインストールして使うことができ、インストールするパソコンの変更も可能です。

※パソコン購入時に付属するOfficeは付属したパソコンでのみ利用するライセンスなので、他のパソコンに移行することはできません。

 

OneDriveで1TBの容量が使える

クラウドストレージのOneDriveの容量が1TBまで利用可能になります。

 

モバイル・タブレット用Officeアプリのフル機能が使える

10.1インチ以下のPCで使えるOfficeMobileや、スマホ・タブレット用のOfficeアプリのフル機能が利用できます。
(Office 365ユーザー以外は機能が制限されます。)

 

Office 365の価格は?

個人向け
Office 365 Solo 年契約 12,744円 月契約 1,274円

新しくなった Office 2016 の家庭向け製品を比較し、購入する

 

一般法人向け
Office 365 Business 年契約 11,664円(月払 972円) 月契約 1,166円
Office 365 Business Premium 年契約 17,626円(月払 1,469円) 月契約 1,760円

Microsoft Office 製品の購入と比較 | Office

 

※表示価格は税込み
※Office 365 Businessは年契約で月払(クレジットカード決済)が可能です
※Officeアプリが利用できるプランのみ紹介しています

 

どんな人に向いている?

常時複数のパソコンを利用する方

Office 365 では利用できる台数内でインストールするパソコンを変更できるので、パソコンを買い替えても安心。 新たにパソコンを購入する際はOfficeなしのパソコンを買えばいいので、その分お得です。

 

WindowsとMacを使う方

Office 365のライセンスはWindiowsとMacで利用できるので、個別に用意しなくてもOKです。

 

複数スタッフで仕事を進める方

Office 365 Business PremiumにはTeamsやPlanner、SharePointなど、チームで仕事をすすめるために役立つツールが用意されています。
スタッフ毎にライセンスが必要ですが、複数のサービスをいくつも契約するより効率的です。

 

個人でも一般法人向けOffice 365が利用できます

一般法人向けのOffice 365は、法人に限らず個人でも利用可能です。
ライセンス形態は個人向けのマイクロソフトアカウントと異なりますが、個人や個人事業主でも契約可能です。

 

パソコンを使い続けるに際して、ご自分やお店、会社の現在の利用状況や今後の予測などをして、効率のいい導入方法を検討しましょう。

フジデンキでは、一般法人向け Office 365の取扱いをしておりますので、導入のご相談も承っております。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

Office 365 サービスのメリット” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です