Officeの各バージョンの再インストール方法まとめ

 

マイクロソフトOfficeはバージョンによって再インストールの方法が違います。

ここではOffice各バージョンのインストール方法をまとめています。

 

Officeの各バージョンの再インストール方法まとめ

 

Office 2010まで

Office 2010までのマイクロソフトOfficeは、インストールDVDとプロダクトキーを利用しインストールし、インストール後にインターネットまたは電話でライセンス認証を行い、認証されると利用できるようになります。

例:Office Home&Business 2010のインストールディスクとプロダクトキー

ライセンス認証は必須で、認証されないとOfficeソフトの31回目の起動から機能制限モードに入り、データを作成・保存できなくなります。

Office 2010は2020年10月でサポート終了

Office 2010は2020年10月13日でサポートが終了します。

Office 2007以前のOfficeはすべてサポートが終了しています。

 

Office 2013

Office 2013はラインセンス形態によって扱いが違います。

パソコンに付属するOffice 2013

パソコン初回起動時にOffice 2013をセットアップするには、パソコンに同梱されているライセンスカードのプロダクトキーを入力してインストールします。

2回目以降(再インストール)では、マイクロソフトアカウント(すでに持っている場合はそれを利用、持ってない場合は新規に作成)を設定します。
そのマイクロソフトアカウントにプロダクトキーを登録すると、インストール用のプログラムがダウンロードできるので、ダウンロードしてインストールを実施します。

インストール後はインターネットを利用してライセンス認証を受ける必要があります。

 

パッケージ版のOffice 2013

Office 2013のパッケージを購入した場合は、最初にマイクロソフトアカウントを設定し、プロダクトキーを登録するとインストールプログラムがダウンロードできるので、それを利用してインストールします。

インストール後はインターネットを利用してライセンス認証を受ける必要があります。

 

Office 2016以降

パソコンに付属するもの、パッケージ版ともに、最初にマイクロソフトアカウントを設定し、プロダクトキーを登録するとインストールプログラムがダウンロードできるので、それを利用してインストールします。

インストール後はインターネットを利用してライセンス認証を受ける必要があります。

パッケージ版にはない、パソコン付属のみのOffice PremiumもOffice 2016やOffice 2019同様のインストール方法になります。

例:Office付きパソコンのOffice Home&Business Premiumのライセンスカード

 

再インストールはすべてマイクロソフトアカウントを利用する

Office 2013以降のOfficeでは、DVD等のインストールメディアは存在しません。

Officeをインストールするには、マイクロソフトアカウントページにログインし、登録されているOfficeのインストールプログラムをダウンロードする必要があります。

 

Officeに付属するプロダクトキーを持っていても、マイクロソフトアカウントでログインできなければ、Officeのインストールプログラムは入手できないので注意してください。

一度使用した(マイクロソフトアカウントに登録した)プロダクトキーは使用済みとなり、別のマイクロソフトアカウントに登録し直すことはできません。

 

マイクロソフトアカウントの管理は厳重に!

このように、Office 2013以降では、マイクロソフトアカウントでOfficeのライセンスが管理される仕組みになっています。

マイクロソフトアカウントが不明な場合は、Officeの再インストールはできない、ということになりますので、Officeを登録したマイクロソフトアカウントは厳重に管理するようにしましょう。

※マイクロソフトアカウントのパスワードのみ不明な場合は、アカウント所有者自身で(本人確認に携帯電話番号必要)パスワードをリセットし、再設定することができます。

 

最近、マイクロソフトアカウントが不明でOfficeの再インストールができないというトラブルが多発しています。

当ブログでは以前からマイクロソフトアカウントとOfficeの関係について記事を書いてきたため、検索で見つけて問い合わせをいただくことが多いのですが、マイクロソフトアカウントはマイクロソフト管理下におかれるため、当店では対応できませんのでご了承願います。

 

マイクロソフトアカウントとOfficeに関する記事

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

Officeの各バージョンの再インストール方法まとめ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です