古い無線LAN機器は危険性があることをご存じですか?

 

無線LAN(Wi-Fi)の機器は日進月歩で進化していますが、壊れないからと古い無線LANの機器を使っているのは、セキュリティ面で危険が大きいということをご存じですか?

 

古い無線LAN(Wi-Fi)機器の危険性

今やインターネット利用には欠かせない無線LAN(Wi-Fi)ですが、この無線LAN機器が古いものだと危険性が大きくなるのです。

無線LANのセキュリティは進化していますが、古い機器では新しい規格のセキュリティに対応しないものもあり、古いセキュリティ規格でしか通信できないということになり、情報漏洩、侵入等の危険性があります。

 

機器メーカーのサポートも終わっているかも

無線LAN機器もソフトウェアで動作していて、機能向上や不具合の修正等を行うためにアップデートがあります。

ファームウェアという形でアップデートが提供されています。

無線LAN機器のファームウェアが確認できる画面

 

機能向上や改善、不具合の修正等があると、新しいファームウェアが公開され、適用することで無線LAN機器を快適で安全に利用することができます。

ファームウェアは新しいものが提供されていく

 

しかし、古い機器になると、メーカーのサポートも終了し、ファームウェアのアップデートもなくなります。

機能的に新しい規格に対応できないこともありますので、快適で安全に使い続けるには限界があります。

無線LAN機器メーカーは明確にサポート期限を定めてはいないようですが、新しい規格(現在であれば IEEE 802.11nやIEEE 802.11ac)に対応しないものは、そろそろ交換時期といえるでしょう。

 

 

利用するパソコンやスマホの進化とともに更新を

パソコンやスマートフォンなどを買い替えても通信速度が遅い・・・その原因は接続している無線LAN機器が古いためだった、という例もよくあります。

通信できているからと買い替えないで古い機器を使い続けていると、新しいパソコンやスマートフォンの性能を活かすことができず、通信状態が不安定になったり、セキュリティ面で危険にさらされるということになります。

今やネット利用の多くは無線LAN経由という時代、無線LANはインフラの重要なツールです。
快適で安全に利用するためには、利用中の無線LAN機器の性能を確認し、その時代にあった性能の機器を使うようにしましょう。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

古い無線LAN機器は危険性があることをご存じですか?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です