パスワード、きちんと管理していますか?

 

ネットを利用していると増え続けるIDとパスワード。

あなたはきちんと管理できていますか?

 

わかっていてもやめられない パスワードの使い回し

仕事柄、様々なサービス登録のお手伝いをする機会があるのですが、パスワードを設定する際に「いつも使ってるパスワードにする」と言われる方が結構多いのです。

サービスごとにパスワードを変えてくださいと言っても、「増やすと覚えきれないから変えたくない」と言われてしまいます。

確かに、サービスごとにパスワードを変えていたら覚えきれないので、そのお気持ちは理解できるのですが・・・。

 

パスワードの使い回しで乗っ取りの連鎖が起きる

複数のサービスで同じパスワードを使っていると、乗っ取りの連鎖が起きてしまう恐れがあります。

よくあるのがSNSの乗っ取りで、Twitterのパスワードがバレてしまい、Facebookまで乗っ取られたという例がありました。

【セキュリテイ】SNSのパスワードは同じものにしないこと | SNSセーフティガイド

さらにGmailもEvernoteもDropboxも同じパスワード・・・だったりすると、各サービスにある情報は全て見られてしまうという、恐ろしいことが起きるのです。

どうです? 乗っ取りの連鎖は恐ろしいですよね。

 

パスワードは厳重に管理を!

たくさんあるサービスのIDやパスワードをどう管理するか?

ひとつの例としては「書き留めておく」という方法があります。
パスワードは書き留めるなと言われますが、頭で覚えきれなければ、1冊ノートを決めて書き留めて起き、そのノートは決まった場所から絶対に動かさない、例えば鍵付きの引き出しに入れておき、必要な時だけその場で見る・・・ということにします。

また、パソコンやスマホで使えるパスワード管理ソフトを使うという方法もあります。
菊地は 1Password というパスワード管理ソフトを使っています。

1Password

 

簡単なパスワードは危ない

誕生日や電話番号をパスワードに使うのが危険なのはご承知でしょうが、名前や地域名、メールアドレスの一部など、簡単に類推できる単語を使うのも危険です。

菊地がかなり昔に経験したことですが、当時ある掲示板で管理者用のログインボタンが表示されていたので、いたずら心でボタンをクリック。
パスワードの入力ウインドウが出たので、その掲示板のタイトルに使われている単語を入れたら、ログインできてしまいました。(汗)
ITリテラシーの低い方が開設していた掲示板だったのでしょうが、実に簡単にログインできで、びっくりしてしまいました。

下記の記事には、2016年の最も危険なパスワードが掲載されています。
アメリカのデータなので、日本では馴染みのないパスワード例もありますが、危ないパスワードの傾向はわかりますので、ぜひご一読を!

2016年「最も危険なパスワード」発表、1000万件のパスワード侵害から発覚

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です