なくしてはいけない!パソコン・インターネットに関する重要な資料

 

パソコンやインターネットを利用していると、重要な資料が増えていきます。

今回は絶対なくしてはいけない重要な資料をあげてみます。

 

パソコン・インターネットに関する絶対なくしてはいけない重要な資料

まずはパソコンに関するものから。

保証書

購入したパソコンの保証書です。
メーカーによっては製品の発売日からみても1年経過していないという場合でも、保証書がないと無効という場合もありますので、大切に保管しておきましょう。

 

Windowsのログイン方法

最近のWindowsでは、マイクロソフトアカウントでのログインとローカルアカウントでのログイン、2種類の方法があります。
どのログイン方法をとっているのか、アカウントとパスワードは何かをきちんと把握しておきましょう。

マイクロソフトアカウントでのログインでは、簡単にログインするためにPINコードを設定し利用することもできますが、この場合でもマイクロソフトアカウントとパスワードは忘れないようにしてください。

 

マイクロソフトアカウント

マイクロソフトアカウントはログインだけではなく、Officeのライセンス管理やマイクロソフトのサービス利用時にも使われる重要なアカウントです。

最近、特にOfficeセットアップ時に設定したマイクロソフトアカウントやパスワードがわからなくなって、Officeを再インストールできないという事例も多数発生しています。

マイクロソフトアカウントはご自身で設定するものなので、資料が送られてくるといったことはありません。
設定時にきちんと記録し、大切に保存するようにしましょう。

 

購入したソフトウェアのライセンス

ウイルス対策ソフトや宛名書きソフトなど、パソコンとは別に購入したソフトウェア、スキャナなどハードウェアに付属するソフトウェアのライセンスも再インストール時に必要ですので、大切に保管してください。

ウェブサイトなどでオンライン(ダウンロード)購入したソフトウェアは、ライセンスがメールで届きますので、そのメールはプリントするなどして保管することをおすすめします。

 

 

次にインターネット関係です。

プロバイダーの資料

プロバイダー契約時に送られてくる資料も重要で、下記のデータが記載されています。

  • 接続用IDとパスワード
  • メールアカウントとパスワード
    ※プロバイダーによっては契約後自身で設定するところやオプションの場合もある

一度設定すると滅多に使う必要のないものですが、修理時や機器やパソコンの買い替え時に必要になります。
なくしてしまった場合は再発行できますが、時間がかかります。

 

各種サービスのIDとパスワード

GmailやYahoo!メール、Amazonや楽天などの通販サービス、動画や音楽の配信サービスなど、インターネット上の様々なサービスはすべてIDとパスワードで管理されています。

インターネットのサービスは今後ますます増えていくので、どんなサービスを利用していて、IDとパスワードは何なのかをきちんとまとめておくことをおすすめします。

 

 

スマートフォンにも重要なデータがたくさんあります。

携帯電話会社のアカウント

dアカウント、auID、ソフトバンクIDなど、携帯電話会社のIDとパスワードです。
プランやサービスの確認や変更などに必要です。

 

ネットワーク暗証番号

スマートフォン(携帯電話)契約時に設定する4ケタの暗証番号です。

 

ロックコード

スマートフォン(携帯電話)本体で設定するロックコードです。
使用時(ロック解除時)に使用するコードです。
指紋や顔認証にしていても、ロックコードは設定してあります。

 

Apple ID・Googleアカウント

iPhoneやiPadではApple ID、Androidスマホ・タブレットではGoogleアカウントで機器が管理されています。
機器の管理の他、アプリやサービスの購入や契約もApple ID・Googleアカウントで行っていますので、大変重要です。

Apple ID・Googleアカウントは携帯電話会社の管理下にはないので、パスワードを忘れた場合、携帯電話ショップでも再設定はできません。

 

以前、Apple IDのパスワードが不明なためにiPhoneのアップデートもできず、実質的に使えなくなってしまったという例もあります。

結局新たなApple IDを使うことにしましたが、iPhoneは初期化、購入したアプリや音楽等もすべて利用不可ということで、大きなダメージになりました。

 

資料保管のコツ

プロバイダーの資料や保証書など、最初から紙ベースのものがありますので、こういったものはひとつのファイルにまとめておくといいです。
メールを印刷したものや、メモをしたものもあわせてファイルしておけば、分散せずに済みます。

パソコン購入時の付属品などをあわせて一箇所にまとめておけばさらに安心ですね。

 

IDやパスワードはノート等にメモをして厳重に保管する、ID・パスワードを管理するサービス・アプリを使う、といった手があります。
ノート等にメモをした場合は、持ち出し厳禁にして厳重管理が原則です。
ID管理のアプリは有料・無料、スマホだけ、スマホやパソコンで同期して使えるなど様々なものがあるので、自分に合ったものを選ぶことができます。

ちなみに菊地は1Passwordという有料のアプリを使っています。

 

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

なくしてはいけない!パソコン・インターネットに関する重要な資料” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です