パソコン買増&買替時は Office 365 導入のチャンス

 

パソコンを買増や買替をする際、とりあえずOffice付きのパソコンを選べば安心、ということで購入される方が多いと思いますが、次回からはOffice 365の導入も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

 

マイクロソフトOfficeのライセンス

国内で一般消費者向けに販売されるパソコン(コンシューマーモデルと言います)では、Office Home&Business Premiumが付帯するものが大半です。
Office Home&Business Premiumは日本独特のライセンスで、付帯したパソコンでのみ利用でき、その期間は最新バージョンのOfficeが利用できる、という製品です。 そのライセンスを別のパソコンで利用することは認められていません。

 

パッケージで販売されている製品は現在はOffice 2016シリーズで、これは1ライセンスで2台のパソコンで利用可能。インストールするパソコンは2台までであればライセンスを移行して利用できます。
サポート期限は発売から10年間となっていて、新バージョンにバージョンアップする権利はありません。

そして現在企業を中心に普及しているのが Office 365 シリーズ。
年払い・月払いで契約して利用するサブスクリプションモデルのサービスで、利用スタイルに応じて様々なプランが用意されています。

Microsoft Office – 家庭やビジネスで活用できるソフトウェア

 

複数のパソコンを使っているならOffice 365がおすすめ

個人や家族で複数台のパソコンを使っている例も多いですし、お店や会社は多数のパソコンが使われていると思います。

このような状況下でおすすめなのが Office 365シリーズ。

メリット1 台数やスタイルでプランが選べる

個人向けであればOffice 365 Solo、ビジネス向けであればOffice 365 Businessがあり、Businessモデルではチーム運用を便利にするツールが使えるプランもあります。

Office 365 Businessのプラン

 

メリット2 常に最新バージョンのOfficeが使える

Office 365契約期間中は、最新バージョンのOfficeを使う権利があるので、バージョン違いでのトラブルもありませんし、サポート期限の心配もありません。
Windows版ではデータベースソフトのAccessも利用可能です。

 

メリット3 クラウドストレージが1TB使える

Office 365 SoloではOneDrive、Office 365 BusinessではOne Drive for Businessで容量が1TBまで利用できます。
Officeアプリでログインしておけば、直接One Driveのストレージに保存することもでき、スマートフォンやタブレットのOfficeアプリで利用することもできます。

 

メリット4 ライセンスの管理が楽になる

Office Home&Business Premiumを複数持っていると、それぞれのプロダクトキーとマイクロソフトアカウントをあわせて管理する必要があり、きちんと管理しておかないとどのパソコンのライセンスだかわからなくなったり、アカウントやパスワードが不明になって再インストールできなくなったりすることも・・・。

Office 365はマイクロソフトアカウントのみで管理され、Officeをインストールしている状況確認やライセンスの移行もそのアカウントページで操作できるので、ライセンスの管理が格段に楽になります。

 

 

買い切り型のOfficeはなくなるかもしれない

マイクロソフトは次期Officeである Office 2019のサポート期間を10年から7年に短縮すると発表しています。
さらにOffice 2019の先については販売するかどうか未定とか。

これは、OfficeをOffice 365のサブスクリプションモデルに移行していくための準備ではないかと予想されます。

Office 2019はWindows 10のみ対応 | FD Blog

 

パソコン買増・買替時はOffice 365導入のチャンス!

パソコンの買増や買替時にOffice 365をあわせて導入する場合、パソコンはOfficeが付帯しないモデルを選べます。
OfficeなしのパソコンはOfficeのライセンスがない分安くなりますし、Officeなしで1グレード上のパソコンを買うということもできます。

また、それ以降パソコンを購入する際も、Office 365のライセンスがあれば、Officeなしのパソコンを買うことができます。

パソコンとOfficeのライセンスは別物として考えて管理していくのが、これからのパソコンの使い方になってくると思います。
パソコンにOfficeが入っているのが当たり前というのは日本だけという事情はあまり知られていません。世界的にみると別物とうのが当たり前なのです。

 

次のパソコン買増や買替の際は、Office 365の導入を含めた機種選定を検討してみてはいかがでしょうか?

 

Office 365導入相談承ります

フジデンキではOffice 365の導入からご契約まで承っております。
お客様の利用状況や今後の運用計画をおうかがいし、最適なプランのご提案をさせていただきます。

また、Officeなしのパソコンやご要望にあわせた組み立てパソコンも扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

Office 365 の取扱いを始めました | フジデンキ

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です