毎月1回行って快適さをキープ! 自分でできるパソコンお手入れ法(追記あり)

 

パソコンを快適に使い続けるためには、日頃からお手入れをしておくおことが大切です。

パソコン屋フジデンキが自店のパソコンでも実施している 自分でできるパソコンのお手入れ方法を紹介します。

対象はWindows 10です。

 

自分でできるパソコンお手入れ法

Windowsアップデートを確認する

Windowsアップデートは自動で実施され適用されますが、アップデートの漏れがないか、手動でWindowsアップデートを実施して確認します。

スタートから設定(歯車のアイコン)をクリックします。

 

設定の下部にある 更新とセキュリティ をクリックします。

 

Windows Update で [更新プログラムのチェック] をクリックします。

 

チェック後に更新がなければ、上記の画面に戻ります。

更新が見つかるとインストールが実施されます。

 

通常は自動更新にまかせておいていいですが、手動でチェックすることで、タイミングよく新しい更新を見つけてインストールすることもありますので、お手入れの際はWindowsアップデートのチェックも実施するようにしましょう。

 

ブラウザのキャッシュをクリアする

普段使っているブラウザにはキャッシュと呼ばれる表示したサイトのデータ(画像やページのファイル)が蓄積されていますが、キャッシュが溜まると動作が遅くなったり誤表示の原因になったりすることがあるので、定期的に削除するようにします。

ブラウザによって方法が違いますのでブラウザ毎に解説します。

Internet Explorer

ブラウザ右上の歯車のアイコンをクリックしてメニューを表示、インターネットオプションをクリックします。

 

インターネットオプションにある閲覧の履歴という項目の[削除]ボタンをクリックします。

 

削除したい項目にチェックを入れて [削除]ボタンをクリックすると、キャッシュが削除されます。
チェックする項目は用途によりますが、フジデンキでは下記の画像でチェックを入れた項目を推奨しています。

 

キャッシュが削除されると、下記のような表示が出ます。

 

Google Chrome

Chromeでは画面右上にある縦に3つ点が並ぶアイコンをクリックしメニューを表示、履歴をクリックします。

 

履歴をクリックすると、直近の履歴があるウインドウが表示されるので、ここの一番上にある履歴をクリックします。

 

表示されたページの左にある閲覧履歴データを消去するをクリックします。

 

表示されたウインドウの[データを消去]をクリックすると、キャッシュが削除されます。
チェック項目は下記の初期値のままでOKです。

 

Microsoft Edge

Edgeではブラウザ右上の3点横並びのアイコンをクリックしメニューを表示、設定をクリックします。

 

設定にある閲覧データのクリアという項目の[クリアするデータの選択]をクリックします。

 

閲覧データのクリア で削除したい項目にチェックを入れて[クリア]をクリックすると、キャッシュが削除されます。
チェックする項目は用途によりますが、フジデンキでは下記の画像でチェックを入れた項目を推奨しています。

 

Windowsの不要ファイルを削除する

追記 2018.09.20

マイクロソフトは不要ファイルの削除には、ディスククリーンアップではなくWindows 10の設定にあるストレジセンサーを利用することを推奨すると発表がありました。

ストレージセンサーの使い方については下記の記事にまとめています。

 

Windows標準の機能ディスククリーンアップを使い、Windowsの不要ファイルを削除します。
ここで削除するファイルは、削除してもWindowsの動作に影響を及ぼさないものなので、安心して削除できます。

コンピューターエクスプローラーでディスク一覧を表示し、Cドライブを右クリックして表示されたメニューからプロパティをクリックします。

 

ディスクのプロパティ全般タブにある[ディスクのクリーンアップ]ボタンをクリックします。

 

一般的なディスククリーンアップはここで行いますが、本格的なお手入れではここにある[システムファイルのクリーンアップ]をクリックし、さらに進みます。

 

システムファイルのクリーンアップでは、Windowsアップデートで使用済みのファイルなども削除できます。
Windows 10では、年に2回のバージョンアップがありますが、この時にダウンロードして使用したファイルなどもあると、削除できるファイルの容量が20〜30GBになることもあります。

 

ここではすべての項目にチェックを入れて、[OK]ボタンをクリックします。

 

削除するか確認のウインドウが表示されるので、[ファイルの削除]をクリックし削除します。

 

システムファイルのクリーンアップは時間がかかりますので、気長に待ちましょう。

 

追記 2018.09.20

マイクロソフトは不要ファイルの削除には、ディスククリーンアップではなくWindows 10の設定にあるストレジセンサーを利用することを推奨すると発表がありました。

ストレージセンサーの使い方については下記の記事にまとめています。

 

Windowsの完全なシャットダウン

Windows 10ではパソコンの起動を速くするため、初期設定では 高速スタートアップ という機能が有効になっています。
高速スタートアップが有効になっていると、高速起動のためにWindowsをシャットダウンしても完全なシャットダウンになっていません。

高速起動できるので便利なのですが、完全にシャットダウンしていない(休止状態のようなもの)ため、Windowsに不具合が発生した場合、再起動(通常のシャットダウン・起動)をしても、症状が改善されないことがあります。

そこで、お手入れの仕上に、Windowsの完全なシャットダウンを実施します。

スタートから電源ボタンをクリックし、表示されたメニューからShiftキーを押しながら再起動をクリックします。

 

しばらくお待ちください・・・ の表示の後に、オプションの選択画面になるので、ここで PCの電源を切る をクリックすると、完全なシャットダウンが行われます。

 

まとめ

作業の流れとしては・・・

  1. Windowsアップデートの確認とインストール
  2. 使用しているブラウザのキャッシュをクリア(削除)する
  3. システムファイルのクリーンアップで不要ファイルの削除
  4. Windowsの完全なシャットダウン

ということになります。

これを月1回定期的に実施するのがおすすめです。

お手入れで特にシステムファイルのクリーンアップは時間がかかることがあるので、他のことをしながらのんびりとできるようなタイミングで行うといいですね。

フジデンキでは複数のパソコンがあるので、定休日の午前中に割り当てたパソコンのお手入れをするようにしています。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です