パソコンの夏バテに注意!

 

今年は梅雨が長引いていますが、気温は上がり夏らしい様子になってきました。

これからの季節はパソコンにとっても厳しい季節になりますので、パソコンの夏バテに注意しましょう。

 

パソコンにとって熱は大敵!

パソコン使用中の内部は高温になります。
中でも頭脳であるCPUの中心部は80度程度まで温度が上がるため、冷却ファンなどの装置を使って冷却しながら使う必要があります。

パソコン内部にホコリが溜まると冷却するための空気の流れがなくなるため、内部が高温になりパソコンが勝手にシャットダウン、再起動するといった異常動作を起こしたり、機器が故障してしまいます。

毎年夏のシーズンには、この「熱で故障するパソコン」が持ち込まれますが、原因の多くはパソコン内部のホコリ詰まりや、冷却ファンの故障です。

 

熱でデータを失うこともある

故障時に一番困るのが、ハードディスクやSSDのストレージの故障で、データを失ってしまうこと。

ハードディスクやSSDも熱に弱く、きちんと冷却されないと故障しますし、高温状態が続くと製品の寿命も短くなりまます。
部品は交換すれば治すことができますし、買い替えるという選択肢もありますが、失ったデータは取り戻すことができないので、そのダメージは大きいですね。

熱でハードディスクやSSDの寿命が短くなるということは、知らない方も多いようで、お話しをすると驚かれます。

 

パソコンのクリーニングで夏を乗り切りましょう

パソコンの夏バテ対策は2つ。

パソコン本体のクリーニング

パソコンの内部に溜まったホコリなどをきれいに取り除き、効率よく冷却できる環境を作ります。
ただし、知識のない方が安易に分解するのは故障の原因になるので要注意。

 

パソコンを使う場所の整理

パソコンを使う場所の空気の流れは大丈夫ですか?
まわりにものが多く、パソコンの放熱口を塞ぐような状態になっていませんか?

パソコンを置く場所、使う場所の整理整頓、掃除もお忘れなく!

 

フジデンキでは、夏のパソコン再生・高速化キャンペーンを開催中です。
起動や動作が遅くなったパソコンの再生・高速化に加え、夏を乗り切るためのパソコンクリーニングもセットにしたお得なプランです。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

パソコン修理
フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

パソコンの夏バテに注意!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です