パソコンを上手に使う3つのポイント

 

パソコンを快適で安全に使うため、普段から心がけておきたい3つのことを紹介します。

 

パソコンを上手に使う3つのポイント

パソコンは使っていくうちに、調子が悪くなったり、故障したりします。
これはパソコンの性能や価格に関係なく同じです。

パソコンを快適で安全に使うためには、普段から心がけておくべき事があります。

 

ポイント1 週に1度以上 2~3時間継続使用する

2~3時間使用することで、パソコンは自動的にその間にWindowsのアップデートなどを確認しダウンロードすることができます。
アップデートはシャットダウンや再起動時にインストールされます。

※マイクロソフトの月例アップデートは毎月第2水曜日に公開され、その他にも臨時のアップデートが公開されます。

 

ポイント2 大切なデータはパソコンの外にバックアップする

パソコンの部品で故障が多いのがハードディスクです。
ハードディスクにはWindowsの他に、自分で作成したデータや写真、音楽等のデータが保存されていますが、故障の状態によってはそのデータがすべて消えてしまうこともあります。

失いたくない大切なデータはパソコンの外にバックアップしておくようにしましょう。

おすすめのバックアップメディアは外付けハードディスクです。
※USBメモリーは静電気に弱く一瞬で全データが消えてしまうことがあるので、恒久的なバックアップ先としてはおすすめできません。

 

ポイント3 パソコンの挙動不審は故障のサイン

使用中に時々固まる、勝手に再起動する、起動や動作が遅いいつもより大きな動作音がする、いつもと違った音がする・・・それらはパソコンが故障している、故障しかかっているサインかもしれません。

パソコンの様子がいつもと違うというときは、早めに点検や診断を依頼することをおすすめします。

※修理に持ち込まれるパソコンでも「兆候が確認できたときに持ってきてもらえばデータを取り出すことができたのに。」という例が多数あります。パソコンも人間も早期発見が大切です。

 

パソコンを上手に使う3つのポイントPDF版

この記事は、フジデンキでお客様にお渡ししている パソコンを上手に使う3つのポイント というチラシをもとに作成しました。

店頭でお渡ししているPDF版もあわせて掲載いたします。

パソコンを上手に使う3つのポイント(PDF形式)

 

起動しないパソコンでもデータを取り出すことは可能

パソコンが起動しなくても、ハードディスク本体に重大なエラーがなければ、データを取り出すことは可能です。
フジデンキでは、起動しないパソコンのデータ取り出しを承っております。

起動しないパソコンのデータ取り出し承ります | フジデンキ

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です