【パソコン修理事例】東芝 PD731T7EBFW

 

Windowsが起動しないということで持ち込まれたパソコンです。
典型的なエラーメッセージのブルースクリーンが表示される症状です。

 

【パソコン修理事例】東芝 PD731T7EBFW

品名 一体型パソコン
メーカー 東芝
型番 PD731T7EBFW

電源を入れるとブルースクリーンのエラーが表示されWindowsが起動しません。
エラーコードからするとWindowsのシステム不良ですが、ハードディスクの故障も疑われます。

今回はデータはバックアップ済みということでしたので、まずはWindowsをインストールし直してみることにしました。
・・・が、インストール途中で停止し先に進みません。

 

こうなるとハードディスク故障の疑いが濃厚。
ハードディスクを取り出外して確認・・・ですが、この機種は分解がとても厄介な機種で、専用の治具は必要ですし、時間もかかります。

 

ハードディスクを取り外して検査すると、エラーが見つかりました。

 

ハードディスクを取り付けてセットアップをする前に、内部のクリーニングを実施します。
冷却ファンにもホコリがたくさんついていました。

 

パソコンの冷却がきちんとできないと内部が高温になり、基板やCPU、ハードディスク等の故障の原因になったり、寿命が短くなることになります。
フジデンキでは、修理時にはきちんと内外部のクリーニングを実施します。

 

今回の修理ではリカバリーディスクもなく、Windows 10へアップグレード済みでしたので、Windows 10を新規インストールする方法を選択しました。

 

起動後にアップデートやドライバのインストールを行い、正常に動作するようにします。

 

その後、必要なソフトをインストールして作業完了。
快適に動作するパソコンに生まれ変わりました!

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。 街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。 パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。 仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。 そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。 ■プライベートサイト penchi.jp @penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です