ポリスランサム 詐欺サイトに注意!

 

警察や政府機関を装った詐欺サイト ポリスランサム が海外で活動を活発化し、日本向けの詐欺サイトも確認されているということで、今後注意が必要です。

 

ポリスランサム 詐欺サイトに注意!

「ポリスランサム」とは、警察などの法執行機関や政府機関を偽装し「ネット上で違法行為を行った」という表示により「罰金」の名目で金銭を要求する手口です。

2017年に確認した日本版ポリスランサム詐欺サイトの例(出典:トレンドマイクロサイト)

 

2017年に流行したものと似たような手口ですが、2017年はiTunesカードで支払いを要求したものが、クレジットカードでの支払いを要求してくるなどの違いがあるようです。

 

サイトで直接支払いを要求してくる行為は怪しい

ポリスランサムに限らず、パソコンの不具合修正を装ってソフトを購入させる詐欺ソフトや、アダルトサイトの登録料金を要求するものなど、突然表示されたり、ワンクリックで支払いを要求してくるような行為は、まず詐欺と見て間違いありません。

正常な商取引のサイトであれば、購入の確認など段階的な手続が必要になりますが、それもなく突然金銭を要求してくる行為は法的にも認められておらず、表示されたとしても支払いの義務はありません。

 

万が一支払い手続をしてしまったらどうする?

クレジットカードでの支払いの場合は、すぐカード会社に連絡をして支払いを止めてもらいましょう。

たちの悪い手口では1ヶ月契約のつもりが自動更新で毎月延々と引き落とされるという例もあるので、少額であっても見逃さずに支払い停止の手続を取るようにしましょう。

iTunesやAmazonギフト券などでの支払い、コンビニ決済や振込の場合は、残念ながら打つ手はありません。

 

詐欺情報を知っておくことも大切

流行っている詐欺行為にどんなものがあるかを知っておくことは、重要な対策でもあります。

事前に詐欺行為の例を知っていれば、遭遇した際に「あれ? これは前に見た事例のやつか?」と気がつくことができるので、慌てることなく対処できるはずです。

普段の情報収集も大切ですので、意識してニュースサイトやブログ等をチェックすることをおすすめします。

 

トレンドマイクロ セキュリティブログはおすすめの情報収集先のひとつです。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です