【Q&A】公衆無線LANの危険性について教えてください

Q&A

 

お問い合せ:公衆無線LANの危険性について教えてください

公衆無線LANには危険性があると聞きました。

どんな危険性があるのか、利用するときはどんなことに気をつければいいのかを教えてください。

 

回答:100%安全な公衆無線LANはありません 注意して利用しましょう

通信内容を暗号化されていない公衆無線LANでは、IDやパスワードでログインするようなサービスでは個人情報が漏洩する可能性があります。

また公衆無線LANを装って、個人情報を取得するためなど悪意を持って設置しているものもありますので、提供元がわからなくて、簡単に接続できる無線LANには接続しないようにしましょう。

 

 

公衆無線LANの危険性

公衆無線LAN(無料Wi-Fiスポットやフリースポットなどと呼ばれることもあります)には、下記の危険性があります。

情報漏洩の危険性

Wi-Fiが暗号化されていない場合は、IDやパスワードなどを送信すると平文で送信されるので、傍受されてしまうと相手にわかられてしまいます。

暗号化されている場合でも、暗号化キー(パスワード)が公開されているので、同じWi-Fiスポットに接続している場合は同様のリスクがあります。

 

悪意を持った公衆無線LANもどきの存在

公衆無線LANを装って利用させ、利用者の送受信したデータを回収する・・・という例もあります。

パスワードもなく簡単に接続できるので、喜んで利用していたら、通信内容をすべて傍受され、個人情報が流出してしまった、という事態になることもあります。

公衆無線LAN(Wi-Fi)の危険性 | FD Blog

 

公衆無線LANを利用する際の対策

個人情報を利用するサービスを使わない

ニュースやウェブサイトの閲覧は問題ありませんが、IDやパスワードでログインするようなサービスを使わないようにします。

※ログインのためのIDやパスワード、送信した個人情報等が公衆無線LANをから漏洩する可能性があります。

 

HTTPSサイトを利用する

IDやパスワード、個人情報を利用するサービスを利用する際は、ウェブサイトやサービスがHTTPS化されているところだけを利用します。

HTTPS化されているサイトは、サイト側で通信内容を暗号化していますので、公衆無線LANで利用しても比較的安全です。

 

提供元が不明なWi-Fiスポットは使わない

公衆無線LANは必ず提供する業者が存在しますので、利用する際はどこの業者が提供するものなのかを確認してから接続しましょう。

施設等で提供するものは、案内が掲示されているはずですし、大手の事業者が提供するものは利用できる場所にシールが貼られていたり、ネットワーク名やパスワードなどは事前にネットで確認することもできます。

簡単に利用できるからと、提供元が不明な無料Wi-Fiに安易に接続するのは控えましょう。

 

フリーWi-Fi接続時にすると危険な行動とは? 日本のユーザーの7割が実行

無料Wi-Fiを安全に使うための「VPNアプリ」って何? 「https」の心得も再確認

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です