【Q&A】マイクロソフトの月例アップデートとは何ですか?

Q&A

 

お問い合せ:マイクロソフトの月例アップデートとは何ですか?

マイクロソフトの月例アップデートということを聞きますが、具体的にどんなものなのか教えてください。

 

回答:月例アップデートは定期的に公開されるセキュリティ更新プログラムです

マイクロソフトでは毎月第2火曜日(日本時間では第2水曜日)にセキュリティに関する修正プログラムを提供することになっており、これを通称で月例アップデートと呼んでいます。

Windowsを安全に使い続けていくために欠かせない修正を行うプログラムですので、必ず実行したいアップデートです。

 

 

マイクロソフトの月例アップデート

正式名称:セキュリティ更新プログラム

公開日:毎月第2火曜日
    ※日本では時差の関係で第2水曜日または第3水曜日

提供内容:WindowsやOfficeのマイクロソフト製品のセキュリティに関する修正プログラムの提供

セキュリティ更新プログラム リリース スケジュール

 

Windowsアップデートで自動更新される

月例アップデートを含めたマイクロソフトのアップデートは、Windowsアップデートが標準設定であれば、必要なアップデートは自動で探し出し、適正なものをダウンロードし、インストールしてくれます。

ただし、アップデートを探してダウンロードするためには、ある程度の時間パソコンが起動しインターネットに接続されていることが必要なので、30分程度使用してシャットダウンしてしまうような使い方をしていると、アップデートされずに溜まってしまうことがあります。

確実にアップデートをインストールためには、1週間に1回は2〜3時間程度、Windowsが起動してインターネットに接続されている時間をつくっておくようにしましょう。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です