【Q&A】SSDとeMMCの違いを教えてください

Q&A

 

お問い合せ:SSDとeMMCの違いを教えてください

最近のタブレットPCなどではストレージにeMMCというものを使っているようですが、SSDとは違うのでしょうか?

SSDとeMMCの違いを教えてください。

 

回答:SSDとeMMCは特性が違います

SSDとeMMCはフラッシュメモリという点では同じですが特性に違いがあります。

eMMCはSSDに比べると読み書きの速度が遅いですが、安価なために低価格のタブレットPCやモバイル系PCに使われることが多いです。

 

SSDとeMMCの違い

SSDとeMMCはフラッシュメモリタイプのストレージですが、その特性には差があります。

SSD(Solid State Drive)

SSDはフラッシュメモリとキャッシュ用のDRAM、アクセスを制御するコントローラーチップで構成され、高速な読み書きができるのが特徴です。
2.5インチハードディスクと同じ形状のものは、ハードディスクと交換して使うことも出来ます。
専用のインターフェイスを持つものも、同じ規格の製品と交換が可能です。

  • eMMCより高速
  • 交換可能(なものが多い)
  • HDDと交換可能な製品もある
  • 一般的な容量は120GB〜1TBと大容量製品もある
  • 価格はeMMCより高い
  • 消費電力はeMMCより大きい
  • 高性能タブレットや、ノートPC、デスクトップPCで使用される

 

MMC(Embedded Multi Media Card)

eMMCはSDメモリーカードの拡張型といった仕様で、コンパクトで安価なため、大半のタブレットやスマートフォンで使われています。
基板直付けのものが大半で交換はできません。

  • SSDよりコンパクト、省スペース
  • 消費電力が小さい
  • 基板直付けで交換できない(ものが大半である)
  • 読み書きはSSDより遅い
  • 価格が安い
  • 製品の16〜128GBと容量は少ない
  • 低価格タブレットやモバイル系PCで使われる

 

SSD化で体感速度は大幅アップする

今お使いのパソコンのハードディスクをSSDに交換して、きちんとセットアップすれば、2〜3倍の速度アップを体感できます。
数年前のパソコンをSSD化して再セットアップしたら、新しく購入したパソコンより快適だった・・・という例もあります。

 

eMMCは容量に注意

eMMC搭載のパソコンはどうしてもストレージ容量が小さいので、容量不足になることもありますが交換はできません。
どんな目的で、どんな使い方をするか、データの扱いをどうするかをよく考えて購入するようにしましょう。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です