【要注意】ランサムウェア「WannaCry」の被害拡大中!

 

昨日記事にしましたランサムウェアが日本国内でも被害を出しているとの情報が入ってきています。

日立製作所やJR東日本などの大手企業のパソコンで感染があったと報告されています。

 

国内でも被害拡大中

日本のインシデント(事故)情報を収集・対応するJPCERTコーディネーションセンターでは、5月13日正午時点で約600カ所、2000端末が感染したことがわかり、5月15日も数件の感染連絡があったとのことです。

JPCERTコーディネーションセンターからの注意喚起

休み明けで仕事を始めたことで、続々と感染が報告されてる模様で、今後さらに増える可能性があります。

 

Windowsを最新にすることで予防できます

ランサムウェア「WannaCry」はWindowsの脆弱性を突いて攻撃してきますが、この脆弱性はすでに修正プログラムが公開されていますので、Windowsが最新の状態になっていれば感染を防ぐことができます。

きちんとWindowsアップデートをすることが対策になります。

 

Windows 10は影響なし

今回大きな被害を出している ランサムウェア「WannaCry」 は、現時点ではWindows 10には無効だそうで、付属のWindoiws Defenderも最新の定義ファイルで対応済みです。

日本マイクロソフト、WannaCry対策ガイダンス公開。Windows 10に影響なし、Defenderは最新定義で対応済 – Engadget Japanese

ただし、今後WannaCryの亜種(改造版)が出てくる可能性もあるので油断はできません。
Windows 10でもきちんとアップデートをして最新の状態にすることを心がけましょう。

 

ランサムウェア「WannaCry」 関連記事

パソコン内のデータを人質にとる ランサムウェアに要注意! | FD Blog

ランサムウェア「WannaCry」の被害が止まらない理由 (1/2)

国内襲い始めたWannaCry、日立やJR東など600カ所2000端末で感染

WannaCryから身を守る方法

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です