詐欺ソフトの被害は日本が最多

 

偽の警告を出して修正のためのソフト購入を促す詐欺ソフト、日本が最多の被害、というデータが発表されました。

 

詐欺ソフトの被害は日本が最多

パソコンに侵入し「あなたのパソコンは壊れている」という警告を出して不安を煽り、修正のためのソフトを購入させる行為を Hoax(でっち上げ)と呼ぶそうなのですが、この詐欺ソフトの被害が一番多いのが日本であるという調査結果が発表されました。

 

被害にあったパソコンが実際に持ち込まれています

フジデンキにも被害にあったパソコンが持ち込まれています。
多いときは1ヶ月で5,6件以上になることも・・・。

お持ちになるお客様には以下のようなケースがあります。

  • 詐欺ソフトに侵入され警告が出て消えないから困って持ち込んだ
    一番多いケースで、ソフト購入には至っていません
  • 詐欺ソフトの誘導に乗ってソフトを購入しても表示が消えないので持ち込んだ
    自分で解決しようと思ってハマってしまったケース
    複数のソフトを購入している方、クレジットカード決済で毎月支払うハメになってしまった方方などの例もあります
  • 調子が悪いと持ち込んだパソコンに詐欺ソフトが入っていた
    詐欺ソフトに気がつかない、気にしないでいたお客様もいらっしゃいます

 

クレジットカード決済で1ヶ月分の契約をしたのに、自動継続になっていたため、翌月も支払いが発生。慌てて確認して契約を解除しようとしても連絡がつかず、解約することができない・・・というタチの悪い業者もいるようです。

 

 

ウイルスの侵入・感染にも注意

詐欺ソフトに侵入されたパソコンの中には、ウイルスに侵入・感染されているものもあります。

フジデンキでは、詐欺ソフトの駆除作業の後に、システム全体のクリーニングと複数のウイルスチェックを実施し、完全に駆除されて安全になったことを確認しています。

 

詐欺ソフトに侵入されただけでは実害はありませんが、二次的な被害が出る恐れもあるので、怪しい表示が出るような時は早めの点検、駆除をおすすめします。

 

また、詐欺ソフトを侵入させるタイプの他、メールで詐欺行為を働くケースも増えてきていますので、こちらもあわせてご注意ください。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

詐欺ソフトの被害は日本が最多” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です