スマートフォン購入時に必ずやっておく3つのこと

 

入進学、就職等でスマートフォンを購入、買い替える方が多いシーズンになっています。

フジデンキではスマートフォンの販売はしていませんが、相談を受けることが時々あり、そのような時にアドバイスしていることを紹介します。

 

スマートフォン購入時に必ずやっておく3つのこと

1.Apple ID・Googleアカウントを作成・把握しておく

iPhoneではApple ID、AndroidではGoogleアカウントで端末や契約をすべて管理します。
スマートフォンを使う上で最も重要なものが、Apple IDやGoogleアカウントになります。

新規購入や買替時に新たにApple IDやGoogleアカウントを作成・設定する際は、きちんとメモをしてなくさないよう管理しましょう。

 

2.キャリア契約時のIDや暗証番号等を把握しておく

スマートフォン契約時の暗証番号やアカウント(ドコモのdアカウントやソフトバンクのマイソフトバンク方法)なども重要です。
オンラインでの契約確認や変更に利用しますので、きちんとメモをしておきましょう。

携帯電話会社によって名称や設定するものが違うので、契約時に行った手続きを確認し、すべて把握しておくようにします。

 

3.スマートフォンのバックアップ方法を決め実行する

スマートフォンには様々な情報やデータが蓄積されていきます。
もしスマートフォンを紛失したり、水没や故障で電源が入らなくなったりしたら・・・中の情報やデータをすべて失うことになります。

そのような時に備えてスマートフォンの内容をまるごとバックアップしておきましょう。
できれば週1回など定期的にやっておくのがおすすめです。(復元できるのはバックアップしたデータがある時になります。)

◆iPhoneではパソコンでiTunesを使ったバックアップがおすすめです。

◆AndroidではJS Backupを使うのがいいかと思います。

 

いざという時困らないために

スマートフォンを手にすると、それを使う事ばかり考えてしまい、契約時のデータ管理やバックアップ等は疎かになってしまいがちです。

フジデンキではトラブルが起きてから困って駆け込んでくるお客様を多数対応していますが、「バックアップはしてない」「パスワードがわからない」という例も多々あります。
完全復活までに時間や手間がかかったり、大切なデータを失ってしまうということになるのですが、みなさんその時になって大慌てになるわけです。

 

契約データの管理やバックアップは楽しいことではありませんし、面倒なだけかもしれませんが、これをしっかりやっておくことで、いざという時にこまらないようにできます。

これから購入される方はもちろんですが、今お使いの方も改めて見直してみませんか?

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です