いざという時役立つ スマートフォンの盗難対策

 

スマートフォンには個人情報はもちろん、最近ではおサイフ機能まで入っているので、万が一置き忘れたり盗難にあったりしたらその被害も大きいです。

改めてスマートフォンの盗難対策を確認しておきましょう。

 

スマートフォンの盗難対策機能を設定する

スマートフォンには標準で盗難対策の機能が用意されていますので、この機能を有効にしておけば、他の端末やパソコンから位置情報を確認したり、ロックやデータの消去が可能になります。

 

iPhoneの盗難対策

iPhoneやiPadにはiPhone(iPad)を探す という機能があります。

設定 の iCloud にある iPhone(iPad)を探す を有効にしておけばOK。

 

iPhoneやiPadには iPhoneを探す というアプリがあり、そのアプリを使って探したり操作することができます。
他の端末で使用する際は、探す対象のApple IDでログインする必要があります。


Apple IDでログインすると、そのApple IDで使用している全端末が表示され、探索・操作することができます。

 

パソコンで探索・操作する場合は、icloud.com に対象の端末で使用しているApple IDでログインし、iPhoneを探す をクリックします。

icloud.com

 

iPhoneを探すのアプリ同様の操作をブラウザで行うことができます。

 

Androidの盗難対策

Anfroidでは、Androidデバイスマネージャー という機能があります。

Androidデバイスマネージャーはアプリで提供されているので、インストールされていない場合は、Google playで入手します。

Androidデバイスマネージャー

価格:0  平均評価:4.3(422,762 件)

 

 

Androidデバイスマネージャーのアプリでは、対象のデバイスで使っているGoogleアカウントでログインすることで、探索・操作することができます。

 

パソコンで操作する場合は、ブラウザで Googleデバイスマネージャー にアクセスし、対象の端末で使用しているGoogleアカウントでログインし操作します。

Googleデバイスマネージャー

 

iPhoneを探すと同様に、着信音を鳴らしたり、端末をロックしたり、データの消去をすることができます。

 

位置情報は有効に

iPhoneを探す も、Androidデバイスマネージャーも、位置情報を有効にしておくことで機能しますが、その威力はなかなかのもので、下記の記事のような例もあります。

なくしたタブレットが謎の移動を開始 GPSでめちゃくちゃ追跡してみた

※盗難にあった際は、位置情報を確認したら警察に連絡し、自分で取り戻すような行為はしないようにしましょう。

なくしたスマートフォンを位置情報から探しに行くのは危険です

 

菊地は先日東京に行った際に、東京駅に着いて新幹線を降りた直後、iPhoneを車内に置き忘れたことに気がつき、慌てて戻った・・・という経験をしました。
幸い清掃中の車内で、元の場所にあったので事なきを得ましたが、冷や汗ものでした。

Evernoteに東京で使う情報は入っているし、電話帳も、メールも・・・さらにはモバイルSuicaも。
なくしていたら、相当困ったことになったでしょう。考えただけでも恐ろしい!

携帯電話を持ち始めて20年になりますが、これだけのスリルを味わったのは初めてでした、

万が一の時に備えて、置き忘れたり盗難にあった際の対策を確認しておくことはとても重要・・・と実感しています。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

いざという時役立つ スマートフォンの盗難対策” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です