【パソコン修理事例】NEC PC-GN202FSA4

P1100691

 

パソコン使用中に突然動き出し、エラーがあるというメッセージを出すソフトがある・・・ということで持ち込まれたパソコン。

いわゆる「偽ソフト」に侵入されてしまったことで起きる症状です。

 

【パソコン修理事例】NEC PC-GN202FSA4

品名 ノートパソコン
メーカー NEC
型番 PC-GN202FSA4

症状
パソコン使用中に突然動き出すソフトがあり、エラーがあるというメッセージを出す

原因
偽ソフトが侵入し動作しているため

P1100690

 

修理内容

典型的な偽ソフトの動作です。

偽ソフトとは?

偽ソフトは、他のオンラインソフトと一緒にインストールされるか、ウェブ上の広告をクリックしてインストールされることが多く、インストールされると常時起動し続け、定期的に表示してパソコンをスキャンしているような動作をし、「このパソコンにはエラーがあるから、ここをクリックしてエラーを修復しましょう」というメッセージを出して、意味のないソフトを購入させる・・・という行為をします。

購入させる行為だけなら購入しなければ実質的な被害はないのですが、ソフトによってはウイルスを一緒に侵入させたり、個人情報を収集してその業者へ送るような行為をするものもあるので、発見したら速やかな対策が必要です。

 

今回の偽ソフトは2つありました。

P1100693

 

偽ソフトは通常の削除方法で削除できたので、念のためレジストリーを確認し、完全に削除されたことを確認。

その後、ウイルスの感染がないか、パソコン付属のソフトと、オンラインスキャンを使ってチェックします。

P1100696

P1100695

 

ウイルスの感染がないことが確認されたので、Windowsアップデートを実施し、Windowsが最新の状態にして作業完了です。

P1100697

 

偽ソフトの侵入被害は多く、場合によっては20個くらいの偽ソフトに侵入され、一斉に動作するので、パソコンが使えなくなってしまう・・・という例もあります。

インターネットで入手できる無料のオンラインソフト(特に動画・音楽系、DVDコピー系のソフト)と一緒にインストールされる例が多いので、オンラインソフトを利用する際は、充分に注意が必要です。

 

フジデンキでは、偽ソフトやウイルスの駆除作業も承っておりますので、「おかしいな?」と思ったら、お気軽にご相談ください。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です