【パソコン修理事例】NEC PC-LL550HS1YB

P1100587

 

Windows 10アップグレード後、日本語IMEが使用できなくなってしまったというパソコンが持ち込まれました。
その他にもアップグレード後パソコンは挙動がおかいしいようです。

 

【パソコン修理事例】NEC PC-LL550HS1YB

品名 ノートパソコン
メーカー NEC
型番 PC-LL550HS1YB

症状
Windows 10アップグレード実施後、日本語IMEが使えない、その他挙動がおかしい点が複数あり

原因
Windows 10アップグレードの失敗

 

修理内容

日本語IME(MS-IME)が使えない状況の他に、マウスポインタが常に待機(マウスの矢印の脇で円が回っている状態)、タスクマネージャーを確認すると、CPUが常時20〜30%使用中のまま・・・。

使えないことはないのですが、日本語入力ができないという致命的な問題もあり、きちんと修理することにしました。
今回は一番シンプルに、Windows 10のクリーンインストールをする方法で修理を実施します。

7月29日までの期間限定の方法、パソコンにインストールされているWindows 7のプロダクトキーを使って、Windows 10をクリーンインストールします。

P1100589

 

ライセンス認証も済んでいるので、正規品として使用可能です。

P1100590

 

インストール後、アップデート等を実施しデバイスドライバーもすべて正常に動作をするようにします。

P1100588

 

Windowsのセットアップが完了したら、Officeなどの必要なソフトだけをインストール。
必要なソフトだけに絞ることで、ハードディスクの空き容量も確保できますし、パソコンの動作も速くなります。

P1100591

 

作業前にバックアップしておいたデータを戻して、修理完了です。

P1100593

 

今回作業したパソコンはNECのWindows 10動作対象機種からは外れていますので、通常のアップグレードでトラブルが起きる恐れは充分ありますし、それをメーカーがサポートすることはありません。

しかし、今回実施したような作業方法であれば、メーカーの動作対象機種ではなくても、Windows 10をインストールして正常に利用することができます。
余分なソフトや設定がない分、購入時より速く動作するというメリットもあり、お客様からは大変好評をいただいております。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

フジデンキ
パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です