ストレージがSSDやeMMCのパソコンはこまめなバックアップを欠かさずに!

 

モバイル系パソコンや2in1のタブレットPC、タブレットでは、ハードディスクの代わりに、SSDやeMMCといったフラッシュメモリー型のストレージを搭載しています。

小型軽量で読み書きも速いストレージとして普及していますが、運用に注意しなければならないこともあります。

 

SSDやeMMCではデータの取り出しができない場合がある

一般的なパソコンの場合は、Windowsが起動しなくてもハードディスク(以下 HDD)を取り外し、別のパソコンに接続しデータを取り出すことができます。(HDDに重大なエラーがない場合)

SSDもHDD型や標準的な仕様のものはアダプタを使って、HDD同様にデータを取り出すことができます。

 

しかし、特殊な形状のSSDや、基板に直付けされているSSDやeMMCでは、他のパソコンに接続することができないので、そのパソコンやタブレットが起動し正常に動作しなければ、データを取り出すことができません。

特に低価格モデルの場合、基板直付けのeMMCを使っている例が多いので、起動しなければデータをあきらめるしかない・・・ということになります。

 

日頃から万が一に備えた運用を!

SSDやeMMC搭載のパソコン等をお使いの場合は、DropboxやGoogleドライブ、OneDriveなどのクラウドストレージを利用したり、定期的にバックアップをとるなど、日頃からパソコンの外にコピーを置くということを心がけた使い方をしましょう。

故障したパソコンの修理は可能ですが、失ったデータを取り戻すことはできません。

その点を理解し、注意してお使いください。

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です