SSD、eMMCなどを搭載したパソコン使用の注意点

 

最近はタブレットやタブレットPC、モバイルノートPCなどを中心に、SSDやeMMCといったフラッシュメモリー系ストレージが使われることが多くなりました。

これらのストレージはハードディスクとは特性が違うので、その点に注意して使う必要があります。

 

高速読み書き、耐衝撃性にすぐれたSSD

SSDはソリッド・ステート・ドライブの略で、USBメモリーのようなフラッシュメモリーを利用したストレージで、ハードディスク(以下、HDD)のようにモーターやディスク、ヘッドといった物理的に動くものがないため耐衝撃性に強く、電気的に読み書きするためにより高速です。

eMMCはSDメモリーカードと同じような規格で、SSDに比べると読み書きの速度は劣りますが、SSD同様の特徴があります。

 

SSD、eMMCパソコン使用時の注意点

大切なデータのバックアップはこまめに!

HDDはディスクのエラーで故障してもエラー部分以外は読み取ることができることが多いですが、SSDやeMMCはそれ本体が故障したらデータを読み出すことはできません。

また、eMMCや一部のSSDはメインの基板に直付けされているため、電源が入らない、Windowsが起動しないといった故障の場合、HDDのようにストレージ部分を取り外して他のパソコンで扱うということもできません。

このために、パソコンが故障した場合、データもすべて失うという可能性が高くなります。

 

データを失いたくない場合は、日頃からこまめにバックアップをしたり、クラウドストレージを利用するなどで、パソコンの外にデータをバックアップすることを心がけましょう。

 

ディスクの最適化は不要

SSDやeMMCは読み書きの回数で寿命が来ると言われていましたが、最近の製品では一般的な使用では気にするようなレベルではなくなっています。

しかし、昔のHDDでよくやった、ディスクの最適化はディスクの読み書きを激しく行うので、おすすめできる行為ではありませんし、実行したとしても体感できるような高速化は得られることはありません。

 

ディスクの最適化はHDDでもさほど効果はない

パソコンの性能が向上した現在、HDDの最適化はあまり効果のない作業と言えます。

パソコンのパーツはそれぞれが大きく性能が向上していますが、HDDだけが大きな性能向上がないのです。
最近になり、ヘリウム充填のHDDやSSDとのハイブリットHDDなどが出てきていますが、一般的なパソコンには使われていません。

一般的なHDDを使っているパソコンでは、HDDを最適化した程度のメンテナンスでは性能の差は実感できない上に、最適化はHDDに大きな負荷をかけますので、おすすめできる作業とは言えません。

 

参考記事

下記の記事ではさらに詳細な内容を紹介していますので、目を通しておくといいですね。

SSD性能低下と短命化につながるストレージ設定の”常識と非常識” (1/2)

もう”SSDの寿命”を心配する必要はない? 一般的な「SSDの耐用期間」とは

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

最短当日仕上 まかせて安心のパソコン修理

フジデンキのパソコン修理は自店で修理を行いますので、メーカー修理にくらべて短期間・低料金です。
メーカー修理では一切の保障がないパソコン内のデータも、できる限りお客様のご要望に添ってバックアップをし、修理完了後のパソコンに戻します。
パソコン修理でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です