WannaCry その後

 

5月に大きな話題になった身代金を要求するランサムウェア「WannaCry」ですが、6月に入ってからも被害を出していたようです。

さらに別のタイプのランサムウェアが流通したり、中学3年生がランサムウェアを作成・配布して逮捕されるなど、勢いはおさまらないようです。

 

ホンダ、マクドナルドもWannaCryの被害に

5月に猛威を振るったWannaCryですが、6月に入ってからも、ホンダの狭山工場で感染し生産ラインが止まって約1000台の自動車の生産ができなかったそうです。

ホンダ、狭山工場の操業を一時停止 サイバー攻撃で

 

マクドナルドではWannaCryの亜種に感染したシステムがあり、ポイント連携や電子マネーでの支払いができないというトラブルに見舞われるという事態が発生しました。

日本マクドナルド店舗におけるネットワークシステムの一部不具合に関するお知らせ(マクドナルド)

 

また、韓国のウェブサーバー会社では、ランサムウェアに感染し1億円以上の身代金を払うという例もあったそうです。

 

ランサムウェアを作成・配布した中学3年生が逮捕される

インターネット上で無料配布されている暗号化ソフトを複数組み合わせて、ランサムウェアを自作し配布した、大阪の中学3年生が逮捕されるという事件も発生しました。

中学生がランサムウェアを自作することができてしまう環境になっているわけで、インターネットの便利さの裏側にある恐ろしさを感じさせる事件ですね。

ランサムウェア作成容疑で中3を逮捕 「暗号化ソフト組み合わせて自作」 (1/2)

 

パソコンは最新の状態で使うのが最大のセキュリティ対策

今回大きな被害を出したWannaCryに感染したパソコンの98%がWindows 7だったというデータがありますが、Windows 7も2017年3月に公開されていたアップデートを適用していれば、WannaCryに感染することはありませんでした。

WannaCryが証明したWindows 7の危険性 | FD Blog

 

ウイルス対策ソフトが入っていても、土台となるWindows自体のセキュリティがしっかりしていないと、感染する可能性が大きくなります。

Windowsアップデートは必ず実施して最新の状態に、できればWindows自体も最新のWindows 10にしておくことが、最大のセキュリティ対策となります。

【Q&A】ランサムウェア WannaCryの対策を教えてください | FD Blog

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です