Windows 10 バージョン1511のサポートは10月10日で終了します

 

マイクロソフトはWindows 10のバージョン1511(November Update)のサポートを、2017年10月10日で終了すると発表しました。

 

Windows 10 バージョン1511のサポート終了は10月10日

Windows 10のバージョン1511(November Update)は、Windows 10の2番目のバージョンで、2015年11月に公開されたバージョンです。

マイクロソフトは今年4月に、Windows 10は年間2回、3月と9月に大型アップデートを提供し、それぞれのバージョンごとに18カ月のサポート期間を設定する というサポートライフサイクルを発表しています。

このサポートライフサイクルと、最新のバージョン1703が全ユーザーで利用可能になったことで、Windows 10 バージョン1511は10月10日にサポートを終了することになりました。

 

Windows 10 Version 1511 に対するセキュリティ更新プログラムの提供終了(マイクロソフト)

Windows ライフサイクルのファクト シート(マイクロソフト)

 

Windows 10 November Updateのサポートが10月で終了に

 

Windows 10のバージョンを確認する方法

ご自分の利用しているWindows 10のバージョンを知らない・・・という方は、この機会にぜひ確認しておきましょう。

確認方法は下記の記事にあります。

Windows 10のバージョンを確認する方法 | FD Blog

 

Windows 10はできるだけ最新バージョンを使いましょう

業務用のソフトなど特殊なものではWindows 10の最新バージョンに対応しないものがあるので注意が必要ですが、一般的なソフトやサービスを利用している場合は、最新のWindows 10を使うのがベストです。

Windows 10のバージョンアップはWindowsアップデートで配信されますが、今すぐバージョンアップしたい、自分の都合でバージョンアップしたいという場合は、お使いのパソコンで、下記のページにアクセスしバージョンアップすることができます。

Microsoft ソフトウェアのダウンロードの Windows 10 ページ(マイクロソフト)

 

Windows 10今後の予定

Windows 10の次のバージョンは2017年9月に公開予定で、すでに様々な情報が発表されています。

Windows 10 Fall Creators Update から導入予定

 

そして、2018年3月にはWindows 10 バージョン1607のサポート終了が予定されています。

現在Windows 10をお使いの方は、バージョン1607と1703の方が多いようですが、1607もあと半年ちょっとでサポートが終了するので、速やかに1703へのバージョンアップを実施するのがおすすめです。

 

サポート終了後はセキュリティ更新プログラムも提供されない

マイクロソフトがサポートを終了すると、月例アップデートなどで提供されるセキュリティ更新プログラムの提供も終了します。

Windows 10は最新のWindowsですが、バージョンによってサポートされているので、Windows 10とはいえ、古いバージョンではサポートされないのでご注意ください。

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です