Windows 10 April 2018 UpdateはAIを使って過去最速の普及を実現

 

4月30日(日本時間5月1日)に公開されたWindows 10の新バージョン1803 April 2018 Updateは、これまでのバージョンで最速の普及だそうです。

なんとその要因はAIを使ったアップデートなのだとか!

 

Windows 10 April 2018 UpdateはAIを使って過去最速の普及を実現

Windows 10 April 2018 Updateは1.5ヶ月後の6月14日時点で2億5000万人がバージョンアップを適用してるそうです。

1つ前のアップデート Fall Creators Update は10月17日にリリースし、約3ヶ月後の1月の時点で1億人が適用ということなので、April 2018 Updateは段違いの速度で適用されていることになります。

 

April 2018 Update(バージョン1803)では、アップデートにAI(人工知能)を採用し、過去のフィードバックデータに基づいて、安全なアップデートが可能だとAIが判断した端末からアップデートを提供していき、問題のフィードバックに基づいて改善しつつ提供先を拡大していくという方式になっているそうです。

このため、バージョンアップの提供速度が上がったことに加え、問題の発生も減りカスタマーセンターへの問い合わせ件数も減少、Windows 10の安定性が高まったことで満足度もアップしているとのことです。

 

Windows 10 April 2018 Updateは手動でも適用可能です

Windows 10 April 2018 UpdateはマイクロソフトのWindows 10のページにアクセスしバージョンアップを実施することができます。

Windows 10 のダウンロード

 

まだ新バージョンになっていないという方は、手動で実施することで好きな時に最新バージョンにすることができます。

バージョンアップに要する時間はパソコンの性能や状態によって差がありますが、1,2時間程度の時間を見ておくことをおすすめします。
従来のバージョンよりは短い時間で済むようになってはいますが、時間に余裕を持って実施しましょう。

 

「Windows 10」春のアップデートは「AI活用で過去最速の普及」とMicrosoft

 

Windows 10 April 2018 Updateがすべてのデバイスで利用可能に

米Microsoftは14日(現地時間)、Windows 10 April 2018 Update(バージョン1803)が全世界、すべての互換デバイスで利用可能になったことを発表しました。

April 2018 Updateへのアップグレードは“Windows Update”を介して行うことが可能になっています。

「Windows 10 April 2018 Update」がすべてのデバイスで利用可能に/致命的な不具合は修正済み、”Windows Update”からアップグレードを

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi@fujidenki
kikuchi@fujidenkiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です