Windows 10 Creators Updateを手動でインストールする方法

 

Windows 10のCreators Updateが公開されましたが、Windowsアップデートの自動更新で適用されるには少し時間がかかります。

お休みで時間のある時など、自分の好きなタイミングでアップデートをしたいという場合は、手動でアップデートをインストールすることもできます。

 

Windows 10 Creators Updateを手動でインストールする方法

Windows 10 Creators Updateはマイクロソフトのウェブサイトからプログラムをダウンロードし、実施することができます。

Windoiws 10のダウンロード(マイクロソフト)

 

Windows 10のパソコンで上記ウェブサイトにアクセスすると、下記のように 今すぐアップデート というボタンがあるので、ここをクリックしプログラムをダウンロード、実行すればアップデートをインストールすることができます。

 

他のパソコンでインストールするためのインストールメディアを作りたいという場合は、このページの下部にあるある ツールを今すぐダウンロード をクリックし、インストールメディアを作成するためのプログラムをダウンロードします。

 

ダウンロードしたプログラムを実行すると、USBメモリーかDVD-Rで最新のWindows 10インストールメディアを作ることができます。

 

フジデンキでは、Windows 10 Creators Updateをインストールしたいパソコンでは、上記ページの 今すぐアップデート でアップデートを行いました。

パソコンの性能やネット回線の速度にもよりますが、1時間程度かかりますので、時間に余裕のある時に実施するのがいいでしょう。

 

アップデート実施後にやっておきたいこと

Windows Creators Updateをインストールすると、以前のWindowsのデータが残ります。
これがあると元のWindowsに戻す(ロールバック)ことができるのですが、その必要がない場合は、削除してもかまいません。

Windows 10 Creators Update を実施したらやっておきたこと

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です