Windows 10に標準装備されているウイルス対策ソフト

 

Windows 10には、Windows Defenderというウイルス対策ソフトが標準装備されていますが、「標準のソフトで大丈夫ですか?」と心配される方もいらっしゃいます。

果たしてWindows Defenderの実力は?

 

Windows 10 標準装備のウイルス対策ソフト Windows Defender

Windows 10のWindows Defender(以下 Defender)は、マイクロソフトが開発・提供するウイルス対策ソフトです。

DefenderはWindows 7からありましたが、Windows 7のDefenderはウイルス対策機能を持たないファイアウォール的なソフトでしたが、Windows 8からDefenderはウイルス対策の機能を持ったセキュリティ対策ソフトとなっています。

 

標準的な機能を持つセキュリティ対策ソフト

Defenderは、リアルタイム保護やファイルの自動スキャン機能を持つウイルス対策と、ファイアウォールやネットワーク保護機能を併せ持つ、標準的なセキュリティ対策ソフトです。

市販のセキュリティ対策ソフトは、さらに個人情報保護やWi-Fiの監視などの機能を持ち、より高機能になっていますが、Defenderは基本的な機能を持ったシンプルなセキュリティ対策ソフトといったところです。

 

セキュリティソフトとしての品質も標準的

下記にAV-Comparatives という組織が調べたセキュリティソフトのデータがありますが、極端に品質が劣るわけではなく、ごく標準的な品質を持っていると言えます。

2017年7月のAV-Comparativesのデータ

※赤と黄色の部分が少なく、緑の部分が多ければ多いほど優秀なセキュリティソフトということになります。
※上記のソフトはすべて有料のソフト(AvastやAVGも無料版ではない)です。

AV-Comparatives – Independent Tests of Anti-Virus Software – Real World Protection Test Overview

 

上記のソフトはすべて有料のソフトで、AvastやAVGも無料版ではありません。
無料版には制限があるので、有料版に比べ品質は劣ることになるので、Defenderは無料のセキュリティソフトより優れているソフトということになります。

 

Defenderでいいのはどんな人?

セキュリティ対策ソフトはDefenderでOK! というのは・・・

一般的なウェブサイトを利用する方、ネットでの買い物等も大手の信頼の置けるサイトを利用する方、海外のサイトやアダルトサイトで怪しげなウェブサイトは利用しない、国内でもアンダーグラウンド的な怪しいサイト等を利用しない

・・・という方です。

 

仕事で個人情報を扱う方やウェブ上で取引をされる方、ウェブサイトやブログ等を管理・運営する方は、市販のしっかりしたセキュリティ対策ソフトを利用することをおすすめします。

個人の方でも、Defenderではなんだか不安と感じるなら、市販のソフトを導入し、精神的に安心するのもいいでしょう。

 

Defenderは別のセキュリティ対策ソフトがインストールされると自動的に無効になります。※
市販のソフトをインストールしたけれど、ライセンスの期限切れになってしまった場合はセキュリティ対策がされない状態で危険ですので、市販ソフトのライセンス有効期限には十分注意してください。

※複数のセキュリティ対策ソフトが動作すると、Windowsでトラブルが起きるので、同時に複数のセキュリティ対策ソフトを使うのは厳禁です。

 

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

ご依頼・お問い合せはフジデンキまで

パソコン修理・サポート・ご購入のご依頼・ご相談はフジデンキまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です