Windows 10でマイクロソフトOfficeが異常終了する不具合が確認されています

 

 

Windows 10で日本語入力中にOfficeが強制終了する不具合

マイクロソフトは9月7日に、Windows 10/Windows Server 2016環境でOSに付属する「Microsoft IME」を用いて日本語を入力すると、「Microsoft Office」アプリが異常終了する問題が発生していることを明らかにしました。

 

原因は日本語変換のMicrosoft IMEの可能性

マイクロソフトによると、このトラブルの原因は日本語変換のMicrosoft IMEの予測入力機能の可能性が大きいそうで、初期状態で有効になっている予測入力機能を無効にすることで、トラブルが回避されるようです。

 

Microsoft IMEの予測入力機能を無効にする方法

Microsoft IMEの予測入力機能を無効にするには下記の作業をします。

まずタスクトレイのMicrosoft IME(あ や A と表示されている部分)を右クリックし、表示されたメニューのプロパティをクリックします。

 

Microsoft IMEの設定 ウインドウが表示されるので、下部にある 詳細設定 をクリックします。

 

詳細設定で 予測入力タブを表示すると、上部に 予測入力を使用する という項目にチェックが入ってることが確認できます。

 

この 予測入力を使用する のチェックを外し OK をクリックすれば、予測入力機能は無効になります。

 

このトラブルはWindows 10環境下で、Officeアプリ(バージョンの明記はないようです)とMicrosoft IMEの組み合わせで発生するもので、ATOKやGoogle日本語入力など他のIMEを使っている場合は発生しません。

 

 

いいね or フォローする

投稿者プロフィール

kikuchi
kikuchiフジデンキ 店長
1963年 福島県三春町生まれ。
街の電器屋から、今はパソコン屋兼ウェブ屋として活動。

パソコンは1991年にMS-DOSを使い始め、現在はWindows、Macを常用。
仕事によって、時々Linuxも使う時あり・・・Linuxはひよっ子。

そのパソコンをお客様がいかに快適に使えるか、ということを考えたパソコン販売と修理を行っています。

■プライベートサイト
penchi.jp
@penchi - Medium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です